KADOKAWA Technology Review
×
米アマゾンの配送スタッフらがスト、新型コロナで待遇改善求め
Associated Press
Gig workers are set to strike today demanding better protection from coronavirus

米アマゾンの配送スタッフらがスト、新型コロナで待遇改善求め

全米で食料品の即日配達サービスを運営するインスタカート( Instacart )の配達員と、アマゾンのニューヨーク州スタテン島の倉庫作業員らは3月30日、ストライキに突入する予定だ。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が拡大する中、引き続き自宅外での勤務が要求されていることを受け、安全面の対応強化や金銭的補償を会社側に求めている。 by Charlotte Jee2020.03.31

全米で食料品の即日配達サービスを運営するインスタカート( Instacart )の配達員と、アマゾンのニューヨーク州スタテン島の倉庫作業員らは3月30日、ストライキに突入する予定だ。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が拡大する中、引き続き自宅外での勤務が要求されていることを受け、安全面の対応強化や金銭的補償を会社側に求めている。

ヴァイス(Vice)によると、インスタカートの配達員は注文ごとに危険手当として5ドルを上乗せすることに加え、石鹸や手指消毒剤、消毒用ウェットティッシュの無償提供、並びに持病があるため自宅に留まるよう勧告された作業員も含めた疾病手当の拡大を要求。会社側が同意するまで注文の引き受けを拒否し、要求が満たされるまでストライキを続ける意向だという。

アマゾンのスタテン島の物流センターの従業員は、従業員の感染が確認された後も引き続き営業している会社の決定に抗議し、3月30日にストライキに突入する見通し。従業員らはスタテン島の物流センターを閉鎖し、消毒が実施されるまで業務を再開しないと述べている。アマゾンは、検査で陽性反応が出た従業員が働いていた他の物流センターを閉鎖している

労働者が不満を感じているのは、アマゾンやインスタカートに限ったことではない。多くのギグ・エコノミー(インターネットを活用した単発の仕事受注)企業は、新型コロナウイルス感染症に感染した場合や医師から自宅待機を指示された場合には、労働者に対して最長で2週間分の給与を支払うとしている。だが支払いを受けるには、検査で陽性であることの証明を会社側に提出する必要がある。検査キットが不足している米国では検査を受けることが難しいことから、ウーバーやリフト、ドアダッシュ(DoorDash)などのギグ・エコノミー企業の労働者は、手当を受け取ることはほぼ不可能だと述べている。

政府の外出自粛勧告を背景に、宅配サービス業界では需要が急増している。現在75万人以上を雇用しているアマゾンは、対応策として新たに10万人以上の労働者を採用し、インスタカートは現在の雇用者数の2倍以上にあたる30万人の買い物代行者を募集している。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Russia’s battle to convince people to join its war is being waged on Telegram ロシア内戦の舞台は「テレグラム」、親プーチン派と反戦派が激突
  5. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Russia’s battle to convince people to join its war is being waged on Telegram ロシア内戦の舞台は「テレグラム」、親プーチン派と反戦派が激突
  5. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る