KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
新型コロナ、ワクチンで免疫獲得か ハーバード大などがサルで確認
Robbie Ross | Pixabay
More vaccines have protected monkeys against covid-19, suggesting they might work in people

新型コロナ、ワクチンで免疫獲得か ハーバード大などがサルで確認

新型コロナウイルスに一度感染すると免疫が得られることがサルを使った実験で示された。 by Antonio Regalado2020.05.22

マカク属のサルを用いた研究により、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)にいったん感染すると再感染に対する免疫が得られることが示された。ワクチンはウイルスの感染を防ぐのにある程度有効なようだ。

新型コロナウイルスに感染すれば免疫を獲得できるのか? ワクチンはそれと同じ効果をもたらすことができるのか? 5月20日にサイエンス(Science)誌に掲載された2つの研究で、ハーバード大学ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターの研究者が率いるグループが、マカク属のサルを用いて上記の疑問に対する答えを示している。

研究チームが9匹のサルを新型コロナウイルスに感染させたところ、サルはヒトと同様に肺炎を発症した。5週間後、研究チームはサルを同ウイルスに再感染させようとしたが、今度は感染しなかった。つまり、サルは(おそらくヒトも)感染後、ウイルスに対する免疫を獲得するということだ。ただし、免疫がどれだけ持続するかは依然として不明だ。

その後、研究グループは4種類の異なる「DNAワクチン」をサルに試した。今回接種したのは、新型コロナウイルスを構成するスパイク状のタンパク質を生成させる遺伝的指令を筋肉に注入する、すばやく作れるタイプのワクチンである。ワクチンは35匹のサルを新型コロナウイルスから保護し、ワクチンを接種したサルから確認されたウイルスの量は、(未接種のサルに比べて)はるかに少ないことが分かったという。

これまでに、中国のシノバック(SinoVac)が開発したワクチンとオックスフォード大学が開発したワクチンの2つのワクチンも、サルに対する防御効果を同様に示している。総合的に見て、これらの研究結果はワクチンが有効である可能性を強く示唆している。

世界中の人々が待ち望むワクチンの完成に向けた開発競争において、科学者は生成すべき抗体のタイプや量など、適切な免疫反応について理解を深める必要がある。ハーバード大学の研究チームは、サルを用いた実験結果は、免疫と「相関性」があるのは何かを定義するための一歩だと述べている。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  4. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
アントニオ・レガラード [Antonio Regalado]米国版 生物医学担当上級編集者
MITテクノロジーレビューの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるのか、追いかけている。2011年7月にMIT テクノロジーレビューに参画する以前は、ブラジル・サンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス(Science)誌などで執筆。2000年から2009年にかけては、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で科学記者を務め、後半は海外特派員を務めた。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  4. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る