KADOKAWA Technology Review
×
新型コロナ感染リスク、物理的距離2倍で半減か
AP
Two-meter distancing halves risk compared to one meter, suggests a new review

新型コロナ感染リスク、物理的距離2倍で半減か

医学誌ランセット(Lancet)に発表された新たな分析(レビュー論文)によると、対人距離を2メートル確保することは1メートルの距離を確保するよりも、新型コロナウイルスの感染拡大リスクを軽減する上で効果が高いことが分かった。 by Charlotte Jee2020.06.09

医学誌ランセット(Lancet)に発表された新たな分析(レビュー論文)によると、対人距離を2メートル確保することは1メートルの距離を確保するよりも、新型コロナウイルスの感染拡大リスクを軽減する上で効果が高いことが分かった。研究者は16カ国の172の観察研究を調べ、統計分析を実施し、感染リスクの推定値を算出した。9つの主要な研究で使用されたモデルで、1メートル以上の対人距離を確保した場合の感染リスクは平均約3パーセントだったが、1メートル未満の場合は約13パーセントまで上昇したことが判明した。このモデルは最長3メートルまでの範囲で、対人距離が1メートル長くなるごとに感染リスクがおよそ半減することを示している。

この研究ではまた、顔を覆うこと、目を保護することの両方が、ウイルス感染拡大のリスクを大幅に減らすことも分かった。マスク着用では感染リスクが17パーセントから3パーセントに減少、目の保護具(フェイスシールドやゴーグルなど)の着用では16パーセントから6パーセントに減少したという。どれぐらいの期間ウイルスに曝されていたかといった他の要因は元のデータセットに含まれていないため、考慮されていない。

世界各国の政府がロックダウン(都市封鎖)規制を緩和するにあたって、人々の安全を確保する方法が議論されている。人と人の間の物理的距離をできる限り確保することが、あらゆる合理的な戦略の核となるべきなのは、この査読済み論文から明らかだ。また、この研究結果は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら、いかに人を呼び戻すかについて検討を進めている職場やレストラン、バー、映画館に有益な情報を提供するはずだ。

対人距離確保のアドバイスは、国によって異なる。英国では現在2メートルとなっているが、距離を縮めるよう求める声もある。米国では米国疾病予防管理センター(CDC)が6フィート(1.8メートル)の距離の確保を呼びかけており、オーストラリアとドイツは1.5メートル、フランスは1メートルが正式な指針となっている。世界保健機関(WHO)は、1メートルの距離を確保するよう推奨している。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  5. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  5. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る