KADOKAWA Technology Review
×
動き出したバイデン次期政権の気候変動対策、CO2大気回収にも意欲
AP Photo/Andrew Harnik
持続可能エネルギー 無料会員限定
Biden calls for major investments into carbon removal tech

動き出したバイデン次期政権の気候変動対策、CO2大気回収にも意欲

バイデン政権移行チームが政権の初期段階における優先課題を示す文書を公開した。気候危機対策として、ネガティブ・エミッション、バッテリー貯蔵、再生可能水素、先進原子力、建築材への研究開発費用の投資に言及している。 by James Temple2020.11.12

ジョー・バイデン次期大統領は時間を無駄にせず、気候変動対策の新たな流れを作ろうとしている。

主要なメディアがバイデン候補の当確を報じた翌日の11月8日、バイデンと次期副大統領のカマラ・ハリスの政権移行チームが、「気候危機対策」の青写真をはじめとする、政権の初期段階における優先課題を示す文書を公開した。

その詳細の大半は、バイデン次期大統領の包括的気候計画から直接引き出されたものとなっており、エネルギー、運輸、農業といった分野の全面的な見直しに1兆7000億ドルを投資するという内容だ。だが、バイデン次期大統領が「広範囲にわたる投資」を望んでいる分野の中には、少なくともひとつ新しいものが含まれている。それが「ネガティブ・エミッション技術」だ。

ネガティブ・エミッション技術とは、大気中 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る