KADOKAWA Technology Review
×
新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
Associated Press
One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days

新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断

オックスフォード大学と英国立衛生研究所の研究により、新型コロナウイルス感染者が回復後、メンタルヘルス問題に見舞われる可能性が高いことがわかった。不安障害、不眠症、および認知症が最も多く見られた。 by Charlotte Jee2020.11.13

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者が回復後に、メンタルヘルスの問題に見舞われる事例報告がここ数カ月増加している。最近になって、この事例報告を裏付ける数値が発表された。医学誌「ランセット精神医学(The Lancet Psychiatry)」に発表された新しい研究によると、新型コロナウイルス感染者のほぼ5人に1人が、検査で陽性が確認されてから3カ月以内に精神疾患と診断されていることがわかった。

オックスフォード大学と、NIHR(英国立衛生研究所)オックスフォード生物医学研究センターの研究者は、2020年1月20日から4月1日に新型コロナウイルスへの感染が確認され、入院の必要がなかった6万2354人を含む、7000万人の米国人患者の電子健康記録(EHR)を収集した。研究チームは、新型コロナウイルス感染者の18%が、14日後から90日後にメンタルヘルスに問題があるという診断を受けていることを発見した。

研究チームは新型コロナウイルス感染者と他の疾患患者との違いを確認するために、同時期の他の6つの疾患(インフルエンザや骨折など)の患者のデータと比較した。その結果、メンタルヘルスに問題があると初めて診断される可能性は、新型コロナウイルス感染者が他の疾患患者の2倍であることがわかった。不安障害、不眠症、および認知症が最も多く見られた。

さらに、もともと精神疾患があった人、具体的には注意欠陥・多動性障害(ADHD)、双極性障害、うつ病、または統合失調症を患っている人は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断を受ける可能性が65%高かった。

パンデミックが大きなメンタルヘルス問題を引き起こすこと何カ月も前から警告されてきた。キングス・カレッジ・ロンドン精神医学・心理学・神経科学研究所(IoPPN)の心理学およびシステム科学部の副学部長であるティル・ワイクス教授は、「過去のパンデミックでも、回復後に精神疾患の発症が多く見られることは知られています。この研究は、新型コロナウイルス感染症でも同じパターンが見られることを示すもので、予想外の発見ではありません」と述べる。ワイクス教授は同研究には関与していない。

いずれにせよ、数カ月後から数年後に、社会全体でメンタルヘルス問題が増加する状況に備える必要がある。「これは明らかに氷山の一角です。人々がメンタルヘルス・サポートを利用できるように、多様な形態のサポートを可能な限り増やす必要があります」とワイクス教授は訴える。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  2. The first black hole ever discovered is more massive than we thought 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
  3. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  4. So you got the vaccine. Can you still infect people? Pfizer is trying to find out. ワクチンを打っても マスクを外せない理由
  5. There’s a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  2. The first black hole ever discovered is more massive than we thought 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
  3. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  4. So you got the vaccine. Can you still infect people? Pfizer is trying to find out. ワクチンを打っても マスクを外せない理由
  5. There’s a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る