KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
トム・クルーズがクルー?ISSへ向かう初の民間ミッション
NASA
A private company has a private crew going to the ISS next year

トム・クルーズがクルー?ISSへ向かう初の民間ミッション

アクシオム・スペースは、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう初の民間ミッション「Ax-1」に参加する3人の民間宇宙飛行士と契約を交わしたと発表した。2021年第4四半期の打ち上げを目指すとしており、ISSの民間活用に向けた重要な節目のミッションとなるだろう。 by Neel V. Patel2020.11.18

アクシオム・スペース(Axiom Space)は、地球周回軌道に乗り、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう初の民間ミッション「Ax-1」に、元米国航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士であるマイケル・ロペス=アレグリアと共に参加する3人の民間宇宙飛行士と契約を交わした。

アクシオム・スペースは2020年3月、「完全に民間主導による史上初のISSへの有人宇宙飛行ミッション」を打ち上げる計画を発表した。Ax-1と呼ばれるこのミッションは、スペースX(Space X)の宇宙船である「クルー・ドラゴン(Crew Dragon)」を用いて民間宇宙飛行士をISSに運び、少なくとも8日間ISSに滞在するというものだ。

先月開催された国際宇宙会議(IAC:International Astronautical Congress)で、アクシオム・スペースのマイケル・サフレディーニ最高経営責任者(CEO)は、Ax-1の2021年第4四半期打ち上げを目指していると述べた。

クルー(乗組員)に関する情報は、まだわずかしかない。元NASA宇宙飛行士のマイケル・ロペス=アレグリアがミッションに参加するが、他の3人の宇宙飛行士はまだ発表されていない(編注:イスラエルのルーベン・リブリン大統領の11月16日のツイートにより、元イスラエルの戦闘機パイロットであるエイタン・スティッベが2人目の乗組員であると発表された)。アクシオム・スペースが先週水曜日に投稿した宣伝用の画像には3人の男性のシルエットが写っていることから、女性の宇宙飛行士は搭乗しないようだ。

ツイッターなどでは、ISSでの映画撮影についてNASAと協議している俳優のトム・クルーズと映画監督のダグ・リーマンが搭乗する可能性が興奮気味に噂されている。NASAのジム・ブライデンスタイン長官は6月アクシオム・スペースが協議に関与していると述べていた

Ax-1は、映画撮影だけでなく、ISSを民間産業の活動のために開放するというNASAの目標にとって重要な節目のミッションとなるだろう。ISSが2030年までに設計寿命を迎える前に、低地球軌道のさらなる商業化を促すためのプラットフォームとしてISSを使用することにもつながる。アクシオム・スペースは、ISSに接続する居住モジュールを2024年に打ち上げる予定をしている。この居住モジュールの設置を皮切りに、より大規模な民間宇宙ステーションが2020年代の残りを通して建設および組み立てられると考えられている。

人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  3. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
  4. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  3. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
  4. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る