KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Second Life Is Back for a Third Life, This Time in Virtual Reality

セカンドライフ第二段「サンサール」がVR対応で年内リリースへ

新しいSNS兼実質現実世界「サンサール」が、セカンド・ライフの運営企業から年内にはリリースされる。 by Rachel Metz2017.01.30

理論上、実質現実(VR)の中で、したいことは何でもできる。リンデンラボの担当VRツアーガイドと私は、宇宙人のような服(ガイドの彼は赤、私は緑色)を着て、空中に浮かぶ船の船尾に立ち、遠くの空に浮かぶ島々と、眼下に広がる穏やかな庭園を眺めながら、VRの可能性について真剣に語った。

他にどんな場所に行けるのだろうか? ある意味可能性は無限だ。行きたい場所がなければ、新しいバーチャル空間を作ればいいのだから。

私たちふたりは、誕生したばかりのバーチャル世界「サンサール(Sansar)」にいる。サンサールはバーチャル世界「セカンド・ライフ」を運営するリンデン・ラボ(Linden Lab)の最新サービスで、オキュラス・リフトとVRゴーグルHTC Vive向けに、そして没入感は下がるがPC向けにも年内にリリースされる。セカンド・ライフは2003年のサービス開始以来、最盛期にはユーザー数が月間百万人に達したが、その後勢いを失い現在は約80万人にまで減った。

一般消費者向けの実質現実はまだ初期段階にある。市場調査会社カナリス(Canalys)の予測によれば、2016年には世界中で200万台のVRゴーグルが出荷されたとみられる。四半期ごとに数百万台単位で出荷されるスマホと比較すれば微々たる数だ。しかも実質現実の活用法は、まだ模索中の段階で、SNSがキラーアプリになるのかもしれない(フェイスブッ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント