KADOKAWA Technology Review
×
フラクタルでAIを訓練、産総研などがデータセットに代わる新提案
Ms Tech | Unsplash
知性を宿す機械 無料会員限定
Fractals can help AI learn to see more clearly—or at least fairly

フラクタルでAIを訓練、産総研などがデータセットに代わる新提案

産業技術総合研究所の片岡博士らの研究チームは、フラクタル図を使ってニューラルネットを訓練することで、現実の写真の大規模データセットを用いる場合と同様な結果を得られることを示した。手作業で訓練データを作成する労力と時間が省けるだけでなく、偏りを含まないデータセットを作るのに役立つ可能性がある。 by Will Douglas Heaven2021.02.12

画像認識システムのほとんどは、 蛇からミルクセーキや靴まで、何百万枚もの日常物の写真が入った大規模データベースを使用して訓練されている。人工知能(AI)は、物体を繰り返し見せられることで、その種類を区別することを学ぶ。しかし、日本の研究者たちは今回、日常物の写真の代わりにコンピューターが生成するフラクタル図で訓練することで、AIが日常物の認識を学び始めることが可能であることを示した。

これは奇妙だが、画期的なアイデアなのかもしれない。訓練データの自動生成は、機械学習におけるエキサイティングなトレンドとなっている。インターネットから掻き集めた写真ではなく、無限に供給される合成画像を使用することで、手作業で作成された既存のデータセットに伴う問題を回避できるからだ。

より専門化したデータでAIを訓練する前に、基本的なスキルを学ばせる段階を「事前訓練」と呼ぶ。事前訓練を受けたモデルを使うと、より多くの人が強力なAIを使用できるようになる。モデルを一から訓練しなくても、既存のモデルをニーズに適応させられるからだ。

例えば、医用画像を診断するシステムであれば、日常物の写真のデータベースを使う事前訓練によって、まずは形や輪郭といった基本的な視覚的特徴を特定することを学ばせるだろう。その際には、1400万枚以上の写真を有する「イメージネット(ImageNet)」などが使われる。事前訓練を終えた後に、病気の微かな兆候を認 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る