KADOKAWA Technology Review
×
UAEの探査機「ホープ」が火星に到達、世界で5番目
UAE Space Agency
ビジネス・インパクト 無料会員限定
The UAE's Hope probe is about to arrive at Mars in a historic first

UAEの探査機「ホープ」が火星に到達、世界で5番目

アラブ首長国連邦(UAE)は2月9日に、探査機を火星に送り込んだ世界で5番目の国となった。UAEの火星探査機「ホープ」は5月には、火星の周回軌道上からの観測を開始し、火星がなぜ死の惑星になったのかという長年の謎の究明に挑む。 by Neel V. Patel2021.02.20

2月9日、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「ホープ(Hope)」は火星の周回軌道に到達した(以下の記事はホープが火星軌道に到達したことをUAEが発表する前に公開された)。

火星に打ち上げられた探査機のうち、実際に到達するのは半数以下だ。米国航空宇宙局(NASA)の探査車「キュリオシティ(Curiosity)」をはじめとする有名なミッションには失敗がつきものだ。例えば欧州宇宙機関(ESA)の着陸探査機「スキャパレリ(Schiaparelli)」は、2016年の着陸時、火星の地表に激突した。

2月9日にホープを火星の軌道に投入するUAEの初の試みは、苦しい戦いになるかもしれない。しかし、この火星ミッションが成功すれば、UAEはソ連、NASA、ESA、インドに続き、世界で5番目に火星に到達することになる。

「我々のチームは火星の周回軌道への到達に向けて、最大限の準備をしました」と、UAE宇宙庁のサラ・アル・アミリ長官は語る。

すべてがうまくいけば、その後はかなり刺激的な科学が待ち受けている。しかし、UAEとそのパートナーにとって、今回の「エミレーツ・マーズ・ミッション(Emirates Mars Mission)」は2020年夏に始まった旅を完了させれば終わりというわけではない。同ミッションは、今後さらに野心的なプロジェクトを進めようとする始まったばかりの宇宙計画であり、アジアの新たな科学技術のイノベーション・ハブを目指す国の未来である。ホープのミッションが成功するかどうかに関係なく、その影響はすでに感じられる。

科学

エミレーツ・マーズ・ミッションは、火星が温暖湿潤で生命が生存可能な環境から、乾燥した冷たい惑星に変貌した原因を解明しようと、長年にわたって惑星科学者が実施している大規模な調査の一部だ。その謎の究明には、火星がどのように大気を喪失し、時間の経過とともに湖や川の水が蒸発したかを解明することが大きな鍵となる。

このミッションでは、探査機ホープと3つの主要な観測機器を使って大気を調査する計画になっている。さまざまな波長を制限するフィルターを多数使用し、火星の写真を撮影することで、科学者はこれまでより地表に …

アラブ首長国連邦(UAE)は2月9日に、探査機を火星に送り込んだ世界で5番目の国となった。UAEの火星探査機「ホープ」は5月には、火星の周回軌道上からの観測を開始し、火星がなぜ死の惑星になったのかという長年の謎の究明に挑む。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る