KADOKAWA Technology Review
×
AIボットが演じる16歳で「心を開く」訓練、カウンセラー教育に
Ms Tech | Unsplash, Pexels
知性を宿す機械 無料会員限定
An AI is training counselors to deal with teens in crisis

AIボットが演じる16歳で「心を開く」訓練、カウンセラー教育に

LGBTQの若者らに向けたホットライン「トレバー・プロジェクト」は、ボランティアのカウンセラーの教育に、ノースカロライナ州出身の16歳の「ライリー」という架空の人格を備えたAIチャットボットを使用している。ただし、教育の効率を上げることだけが目標ではない。 by Karen Hao2021.03.09

非営利組織のトレバー・プロジェクト(Trevor Project)でボランティアをするカウンセラーは、自殺を考えている可能性のあるLGBTQの若者との最初の会話に向けて準備をしなければならない。そこでまず、カウンセラーたちは練習をする。その手法の1つとして例えば、ちょっと落ち込み、ふさぎ込んでいるノースカロライナ州出身の16歳の「ライリー」という架空の人物と話すというものがある。チームの1人がライリーの役割を演じることで、研修生は事態を深く追求できる。つまり、ライリーが家族にカミングアウトすることを心配していること、最近友達に話したが上手くいかなかったこと、そして今現在でないにせよ、これまでに自殺を考えたことがあるといった事実を把握できるのだ。

ところで現在、「ライリー」は実はトレバー・プロジェクトのスタッフが演じているわけではない。人工知能(AI)が演じているのだ。

AI版ライリーは、カウンセラーとプロジェクトのスタッフとの数千に及ぶ過去の役割練習の対話記録で訓練されている。そして、生身の人間が演じていたライリーと同様に、研修生がLGBTQの若者を助けるための最善の方法について学んだことを試せる状況を提示し、心を開くようにうまく誘導される必要がある。

カウンセラーは、ライリーにカミングアウトするように強要する必要はない。ライリーが持つ心情の正当性を確認し、必要であれば安全を確保するためのプランを立てる手助けすることが目標だ。

危機に対応するホットラインとチャットサービスの存在は、当事者に基本的な保証を約束する。手を差しのべ、助けになる生身の人とのつながりを提供する。しかし、そのニーズが、最も信頼あるサービスであるトレバー・プロジェクトの処理能力さえ上回ってしまうことがある。同プロジェクトは、米国で毎年180万人ものLGBTQの若者が真剣に自殺を検討していると考えている。チャットベースの同プロジェクトのサービスに在籍する600人というカウンセラーの人数では、そのニーズに対応しきれないのだ。そこでトレバー・プロジェクトは、他の多くのメンタルヘルス機関同様に、需要に対応するためにAIを活用したツールに目を向けた。これは大いに理に適った進歩であるが、傷つきやすい人々の生命が危機に際している状況で、現在のAIテクノロジーがどの程度のことができるのかという疑問も同時に提起している。

リスクを冒して、評価をする

トレバー・プロジェクトは、AIに対する期待と疑問のバランスを理解していると考えており、ライリーがしていないことについて強調する。

「我々は、カウンセラーの代わりとなったり、危機に瀕する可能性のある人間と直接対話をしたりするAIシステムの開発に着手したことはありませんし、そのような予定もありません」と話すのは、トレバー・プロジェクトのAIと工学部門の責任者であるダン・フィッシャーだ。人と人とのつながりはすべてのメンタルヘルス・サービスにとって重要だが、同プロジェクトに携わる人々にとって特に大切なのかもしれない。トレバー・プロジェクトが2019年に実施した独自の調査によると、人生で少なくとも一度は大人の助けを受け入れたLGBTQの若者は、前年に自殺しようとしたことがあると答えた割合が40%少なかった。

トレバー・プロジェクトのAIを活用した訓練用役割練習は「危機 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る