KADOKAWA Technology Review
×
【本日最終日!!】1/31まで!お得に購読できるキャンペーン実施中
ヴァージンが2年ぶり、3度目の有人飛行に成功 「年400便」へ前進
Virgin Galactic
Virgin Galactic's SpaceShipTwo has flown to the edge of space

ヴァージンが2年ぶり、3度目の有人飛行に成功 「年400便」へ前進

ヴァージン・ギャラクティックが2019年2月以来、人類を宇宙との境界まで送り込むことに成功した。2021年はヴァージン・ギャラクティックにとって年間400便の商用宇宙飛行実現を目指す、勝負の年になる。 by Neel V. Patel2021.05.25

ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)は5月22日、パイロット2人を乗せた準軌道飛行に成功した。同社が準軌道飛行に成功したのはおよそ2年ぶり、通算3回目。2021年には4回の有人飛行ミッションが予定されており、その1回目となる。

ヴァージン・ギャラクティックの「スペースシップ2(SpaceShipTwo)」の2号機である「VSSユニティ(VSS Unity)」を積んだ大型貨物機は、米国東部標準時5月22日午前10時34分、ニューメキシコ州のスペースポート・アメリカ(Spaceport America)を離陸した。VSSユニティは午前11時26分に貨物機から切り離されエンジンに点火し、最大高度89.2キロメートルまで上昇。米国空軍と米国航空宇宙局(NASA)が宇宙の始まりと定義する80キロメートルに達した(国際的に認められている宇宙との境界である高度100キロメートルには達していない)。その後、VSSユニティは地上に戻り、わずか17分ほどでスペースポート・アメリカの滑走路に着陸した。なお、今回のミッションではNASAの「飛行機会プログラム(Flight Opportunities program)」の実験装置も運ばれている。

ヴァージン・ギャラクティックが宇宙に人を送り込んだのは2019年2月以来のことだ。2019年のミッションは同社が宇宙空間へ到達した2回目のミッションであり、パイロット2名に加えて乗客1名を初めて乗せた画期的なものだった。たが、水平尾翼が損傷したため、安全性の見直しと改修が必要になった。5月22日の試験飛行は改修後初となり、実際に宇宙飛行で試す機会となった(2020年12月にも試験飛行が予定されていたが、電磁干渉のため飛行途中で中止されている)。

今回の飛行は、ニューメキシコ州を発着地とする初の宇宙飛行でもある。同州は米国で3番目に人類を宇宙へ送り出した州となる。ヴァージン・ギャラクティックは、年間400便の打ち上げを目標として、すべての商用飛行をスペースポート・アメリカを発着地とする予定だ。

多くの点で、2021年はヴァージン・ギャラクティックにとって運命を左右する年になる。ヴァージン・ギャラクティックは宇宙旅行の実現を目的として、2004年にリチャード・ブランソンによって設立された。だが、開発の遅れや多くの失敗に悩ませられてきた。例えば、1人のパイロットの命が奪われた2014年10月の墜落事故は、まだ人々の記憶に新しい。ヴァージン・ギャラクティックが年間400便を達成するには、同社が迅速かつ着実に、そして安全に飛行できることを証明する必要がある。

その目的を達成するため、ヴァージン・ギャラクティックは今年さらに3回、有人飛行ミッションを計画している。最初はパイロット2人と、社員4人を乗客として飛行し、次はヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長を乗客として飛行する。最後はイタリア空軍を乗客とした商用飛行だ。同社が初めて顧客を宇宙に連れて行くことになり、200万ドルの収益につながると期待されている。ヴァージン・ギャラクティックはまた、今年新たに発表したスペースシップ3(SpaceShipThree)の滑空飛行にも挑戦する可能性がある。これらすべての活動を経て、早ければ2022年にも商業運航を実施する準備が整うはずだ。

一方、宇宙旅行市場をめぐるヴァージン・ギャラクティックの競争相手であるブルー・オリジン(Blue Origin)は7月20日、初の有人飛行ミッションを実施する。乗員6人を宇宙船ニュー・シェパード(New Shepard)に乗せて準軌道へ向かう予定だ。

人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. People are already using ChatGPT to create workout plans チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. People are already using ChatGPT to create workout plans チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る