KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Microsoft Bets That Bitcoin-Style Blockchains Will Be Big Business

マイクロソフトはなぜブロックチェーンに投資するのか?

マイクロソフトは、アジュール上で動作するブロックチェーンを金融機関向けに開発している。なぜビットコインとは別のブロックチェーンを開発する必要があるのだろうか? by Tom Simonite2016.01.24

2016年1月下旬、UBSやクレディ・スイス等の巨大銀行11行が参加したコンソーシアムは、電子マネー「ビットコイン」から着想を得たソフトウェアを使って資産をより効率的に移動できるアイデアの最初の実験を完了した、と発表した。実験を取りまとめたR3 CEVは、マイクロソフトのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム「アジュール(Azure)」上で、ビットコインに触発されたソフトウェア「イーサリアム」を動作させており、実験には、マイクロソフトによる非常に大きな新しいビジネスチャンスの試行の側面がある。

多くの大手銀行は、いわゆる「ブロックチェーン・テクノロジー」を検討中と発表("Banks Embrace Bitcoin’s Heart but Not Its Soul"参照)しており、サンタンデール銀行(スペインの商業銀行)は、ブロックチェーンによって銀行業界は年間200億ドルの費用を削減できると予測している。つまりマイクロソフトは、金融機関にアジュール上でブロックチェーンのソフトウェアを実行して欲しいのだ。最近アジュールは、スタートアップ企業数社と提携し、銀行等の大手企業向けにブロックチェーン・ソフトウェアの開発に着手した。

マイクロソフトのプロジェクト責任者マーリー・グレイ(アジュール部門で金融業界向けのテクノロジー・ストラテジストを務める)は「金融機関向けには大きなチャンスがあると考えています」という。「金融インフラにとって、企業規模で使えて、企業用の品質が担保されたインフラであることは、今後数年でブロックチェーンを使う上で、不可欠の要素になるはずです」

ブロックチェーンへの関心が急に高まった背景には、ビットコイ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント