KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
MIT Technology Review names Mat Honan its new Editor in Chief

MITテクノロジーレビュー編集長に元バズフィードSF支局長が就任

122年の歴史を持つMITテクノロジーレビューの新編集長が発表された。バズフィードで受賞歴のあるデジタル報道チームを構築・運営してきた実績を持つマット・ホーナンが就任する。 by MIT Technology Review Editors2021.07.20

MITテクノロジーレビューは7月19日、ベテランのテック編集者であるマット・ホーナン(Mat Honan)を新たなグローバル編集長として迎えると発表した。 ホーナン新編集長はバズフィード(BuzzFeed News)でサンフランシスコ支局長としてチームを重要な問題を取り上げ、インパクトのある痛烈な記事を発表して注目されてきた。2021年のピューリッツァー賞を含む複数の賞を受賞している。バズフィード以前はワイアード(Wired)米国版で上級記者を務めていた。

ホーナン新編集長は、Webサイトやポッドキャスト、ニュースレター、印刷版雑誌、開発中の新しいプラットフォームやフォーマットを含む、MITテクノロジーレビューのポートフォリオ全体に対して、リーダーシップや創造的なビジョン、編集方針を提供することになる。

「ここ数年間で、MITテクノロジーレビューは、現代における最も重要なテック関連記事を報道する、マルチプラットフォームのデジタルファースト・メディア企業へと変貌を遂げました。私たちの進化における次の段階は、良質かつ権威あるジャーナリズムを、さらに多くの読者に届けることです」とMITテクノロジーレビューのエリザベス・ブラムソン・ブードロー発行人兼CEO(最高経営責任者)は話している。 「マットは、ビジョン、エネルギー、デジタルメディアのノウハウを兼ね備えた希有な人材であり、この重要な役割を担ってくれます。彼と共にMITテクノロジーレビューの未来を作ることができて嬉しく思います」。

ホーナン新編集長は、「このような優秀なジャーナリスト集団を率いるチャンスを得て、とても興奮しています」と述べる。 「MIT テクノロジーレビューは、非常に多くの差し迫った問題の中心にあります。 新たなテクノロジー、最先端の科学、気候変動の危機、現在進行中のパンデミックなどが、社会をどのように変えていくのかを理解したいという大きなニーズと欲求があります。私たちは、人々が私たちの住む世界を理解し、異なる考え方をし、変化させることができるような力強いストーリーを伝えていくつもりです。とてもすばらしい機会であり、今からとても興奮しています」。

ホーナン新編集長は、8月17日に就任する。

人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. AI companies are finally being forced to cough up for training data 「訓練データはタダではない」音楽業界が問う生成AIの根本的問題
  4. AI lie detectors are better than humans at spotting lies 人間よりも優秀な「AIうそ発見器」は社会に何をもたらすか?
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る