KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
沈みゆく都市・メキシコシティ、水問題解決への試み
Getty
Climate change is helping sink Mexico City

沈みゆく都市・メキシコシティ、水問題解決への試み

2100万人の人口を有するメキシコの首都・メキシコシティは深刻な水不足に陥っており、汲み上げられる地下水の量が降雨による補充量を上回っているせいで地盤沈下が起こっている。気候変動がこの状況をさらに悪化させる可能性がある。 by Lucas Laursen2022.01.07

乾燥した3つの湖床にまたがる高標高都市・メキシコシティを特徴づけるのは、水の去来だ。メキシコシティでは、雨季には洪水が発生し、乾季には干ばつが起こる。

2100万人の人口を有するメキシコシティでは、地中の帯水層から汲み上げる水の量が、降雨による補充量を上回っている。その結果、過去1世紀の間に地盤は約12メートル沈下し、岩底に突き当たるまでにあと30メートル沈むと推定されている。乾燥した地域であるほど、建物が地震の被害を受ける危険性も高まる。

多くのメキシコシティ住民は、水を利用するために自宅の水道に頼ることができない。2020年、メキシコシティは給水トラックに400万ドル以上を支出し、住民はボトルウォーターのために約1億8700万ドルを費やした。

科学者らの推測によると、気候変動がこうした問題を悪化させる可能性が高いという。

しかし、住民らは現在、水と、自分たちを取り巻く気候の将来を管理し始めている。メキシコシティの水圧バランスを維持し、さらには安全な飲み水が公平に確保される状況まで保証するために、様々な方法を模索しているのだ。

以下に、メキシコシティの将来の気候予測と、同都市の住民らが気候による最悪の影響を緩和するために実施している取り組みをいくつか紹介しよう。

総雨量は減少する

しかし、いったん降ると、どしゃ降りになる

気候関連のリスクが高い地域が存在する

住民たちによる取り組み

先住民族の農耕技術「チナンパ」を使う
先住民であるメシカは、湖のエリアを囲い込み、草を積み上げて浮島を作り、そこに湖底の泥を盛り上げて湖上の畑「チナンパ」を作り、都市に食料を供給していた。研究者、都市計画者、および農民たちのグループは、灌漑用の水をろ過し、帯水層水の需要を減らすためのアプローチを採用している。

森林を再生する
メキシコ州は、都市の上の斜面に植林している。こうしてできた森林は、雨水を捕捉し、気候変動でこれまでより頻繁に起こるようになる激しい嵐による地滑りを最小限に抑えるのに役立つはずだ。

屋上の雨水を貯留する
非営利団体であるイスラアーバナ(Isla Urbana)は、飲料水が最も不足している地域に焦点を当てて、屋上に降った雨を貯留するシステムを2万件、補助金で構築した。

雨を土地に浸透させる
メキシコシティ当局は、火山性の土壌を盛って「パルケ・バイセンテナリオ(Parque Bicentenario)」公園などの公共スペースを建設した。多孔質の地面は、降雨を帯水層に導き、洪水を防ぎ、地盤沈下を減らし、都市基盤の損傷を防ぎ、飲料水の供給を補充するだろう。

人気の記事ランキング
  1. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
  2. The internet runs on free open-source software. Who pays to fix it? Log4J問題で明るみになった「ボランティア頼み」の危うさ
  3. Facebook says 50,000 users were targeted by cyber mercenary firms in 2021 メタが明らかにした民間監視会社の実態、5万人が狙われていた
  4. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
ルーカス ラウルセン [Lucas Laursen]米国版
ルーカス・ラウルセンは、科学やマーケットをどう人々が扱うか、新しいアイデアを試す意外性についての記事を書いています。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
  2. The internet runs on free open-source software. Who pays to fix it? Log4J問題で明るみになった「ボランティア頼み」の危うさ
  3. Facebook says 50,000 users were targeted by cyber mercenary firms in 2021 メタが明らかにした民間監視会社の実態、5万人が狙われていた
  4. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る