KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
オキュラスVR、売上不足でゴーグルの展示販売を大幅縮小
Oculus Closes Many In-Store Demo Stations as VR Headsets Prove a Hard Sell

オキュラスVR、売上不足でゴーグルの展示販売を大幅縮小

フェイスブックのVR部門オキュラスVRは、売上不足のため、量販店でのVRゴーグルの展示販売を大幅に縮小することにした。ザッカーバーグCEOは、テクノロジーの成熟には10年かかるという。 by Rachel Metz2017.02.09

オキュラスが量販店に設置したVRゴーグルの体験コーナーに客は来なかった。

フェイスブックの実質現実(VR)部門オキュラスVRは、500カ所の体験コーナーをベスト・バイ各店に開設し、VRゴーグル「オキュラス・リフト」を買い物客に体験させていた。しかしビジネス・インサイダーの2月8日の記事によれば、このうち200カ所の体験コーナーは、客足が伸び悩んでおり、近く閉鎖される見通しだ。

ビジネス・インサイダーの取材に応じた体験コーナーの従業員によれば、何日もの間一度もデモ体験した人がいないこともよくあったという。ビジネス・インサイダーが入手した内部メモによれば「店頭デモのパフォーマンス」の問題に触れ、体験コーナーの多くを閉鎖する計画が詳述されている。ただしVRゴーグルは引き続きベスト・バイで販売される。

オキュラス・リフトは昨年リリースされた消費者向けVRゴーグルのひとつだが、VRテクノロジーは発展途上の段階だ。ゴーグルはかさばるし、オキュラス・リフトのように高精細なVR体験が可能な機器でも、高価なPCに常にケーブルで接続しておく必要がある。たとえすべての機材をそろえたても、VR世界でできることはまだまだ少ない。

こうした問題は、現在の売上高に反映されている。市場調査会社カナリスの推定によれば、昨年200万台以上のVRゴーグルが出荷された(オキュラス・リフトの出荷数は、ソニーのプレイステーシ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント