KADOKAWA Technology Review
×
【新規購読者限定】ひと月あたり1000円で始められるキャンペーン実施中!
過激化する米国の禁書運動、教員に照準 ネット監視に威嚇発砲も
Ms Tech | Getty
コネクティビティ 無料会員限定
The book ban movement has a chilling new tactic: harassing teachers on social media

過激化する米国の禁書運動、教員に照準 ネット監視に威嚇発砲も

人種問題や性的指向に関する本やカリキュラムを学校から排除しようとする運動が米国で過激化している。教員に対し、ソーシャルメディアでの発言を監視したり、暴言を浴びせたりする嫌がらせが相次ぎ、現実の暴力行為に発展するケースも出てきた。 by Tanya Basu2022.07.18

7月12日の真夜中、ナンシー・ヴェラは1発の銃声で突然目覚めた。弾丸は彼女の家に当たってはね返った。すぐに防犯カメラを確認すると、1台のトラックが走り去っていくところだった。

ヴェラはショックを受けたが、驚きはしなかった。米国教員連盟(AFT:American Federation of Teachers)テキサス州コーパス・クリスティの支部長であるヴェラは、少し前に開かれたプライド・イベントで、女装した男性と一緒に、LGBTQが登場する本を地域の子どもたちに配っていた。

セクシャル・マイノリティが中心となるこのイベントは、地域の親たちと交流し、子どもたちに本を配るのに適した楽しい機会だと思ったのだ。だが、地元の保安官をはじめとする保守的な人たちは、このイベントを「米国の若者に対するグルーミングと教化」の典型例と呼んだ。「グルーミング」というのは、陰謀論Qアノンの信奉者が使う中傷言語で、権力者や組織が子どもたちを誘惑して性的人身売買に引きずり込んでいるという主張に基づくものだ。

「このような暴言は殺人に結びつくことになります」とヴェラは言う。

ヴェラが暮らすコーパス・クリスティ市は、キリスト教徒や保守派グループが米国中でますます強硬に推し進めている、ある運動の発火点となった。子どもたちに不適切だとみなされる本や話題を、学校の図書館や教育カリキュラムから排除しようという運動だ。この運動はどんどん卑劣なものになっており、教員個人のソーシャルメディアを狙ってあら探しをして、嫌がらせをすることもある。

7月9日には、保守派グループの「自由を守る州市民たち(CCDF)」がコーパス・クリスティで公開セミナーを開き、学校のカリキュラムの監視と「教員、学校の理事、学区の職員、投票で選ばれた役員たちのソーシャルメディアの精査」について話された。だがその内容は事実上、教育関係者をネット上でつけ回し、嫌がらせをする方法を教えるものだった。

https://twitter.com/frankstrong/status/1544430546427731970

表現の自由を守る非営利団体(NPO)「PENアメリカ(PEN America)」の「自由な表現と教育」担当役員であるジョナサン・フリードマンは、「現在の禁書運動については昨年の夏から情報収集していますが、教員や職員をつけ回して監視する計画的な活動は初めて見ました」と話す。

フリードマンは、コーパス・クリスティで実施されたCCDFのセミナーは米国中で続発する禁書運動にとって重要な転換点を意味すると言う(CC …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る