KADOKAWA Technology Review
×
Patent Office Hands Win in CRISPR Battle to Broad Institute

強力な遺伝子編集手法「クリスパー(CRISPR)」の特許論争で裁定

強力な遺伝子編集手法の発明をめぐる、カリフォルニア大学バークレー校とブロード研究所(ハーバード大学・MITの共同組織)の論争は、ブロード側の勝利と裁定が下された。 by Antonio Regalado2017.02.16

強力な遺伝子編集手法「クリスパー(CRISPR)」に関する重大な特許論争の勝敗が決したかもしれない。勝者はブロード研究所(マサチューセッツ州ケンブリッジ)だ。

2月15日、米国特許商標庁の審査会は、クリスパー(CRISPR)の特許権を巡る論争に裁定をくだした。論争は、カリフォルニア大学バークレー校が、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)の系列組織であるブロード研究所の保有する何十件もの特許に異議を唱えたことで起きた。

短い裁定文で、特許商標庁の審査会は「事実への干渉は起きていない」と判断した。難しい法律用語を噛み砕いていえば、2つの組織の発見は、実際には重複しておらず、したがって争いは終わり、ということだ。今のところは。

この裁定はブロード研究所の勝利だ。ブロード研究所はこれまで、干渉が起きていないことの認定を求めてきた。今後、自分たちの価値ある特許を保持し続けられるだろう。

ただし、法的論争は終わりそうにない。カリフォルニア大学バークレー校は、控訴、またはブロード研究所の特許に別の形で対抗してくる可能性がある。また、ロックフェラー研究所や韓国の発明家も特許制度を通じて対抗しており、論争は継続するだろう。

人気の記事ランキング
  1. The problems with Elon Musk’s plan to open source the Twitter algorithm Eマスクがツイッター買収でぶち上げたオープンソース化が危うい理由
  2. Meta has built a massive new language AI—and it’s giving it away for free メタ、「GPT-3並み」の大規模言語モデルを研究者向けに無償提供
  3. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
  4. These hackers showed just how easy it is to target critical infrastructure 発電所も使う通信プロトコルのハッキング、わずか2日で攻略
アントニオ・レガラード [Antonio Regalado]米国版 生物医学担当上級編集者
MITテクノロジーレビューの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるのか、追いかけている。2011年7月にMIT テクノロジーレビューに参画する以前は、ブラジル・サンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス(Science)誌などで執筆。2000年から2009年にかけては、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で科学記者を務め、後半は海外特派員を務めた。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The problems with Elon Musk’s plan to open source the Twitter algorithm Eマスクがツイッター買収でぶち上げたオープンソース化が危うい理由
  2. Meta has built a massive new language AI—and it’s giving it away for free メタ、「GPT-3並み」の大規模言語モデルを研究者向けに無償提供
  3. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
  4. These hackers showed just how easy it is to target critical infrastructure 発電所も使う通信プロトコルのハッキング、わずか2日で攻略
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る