KADOKAWA Technology Review
×
米大統領府の初代AI責任者が語る、AI政策の成果と課題
TR
知性を宿す機械 Insider Online限定
The outgoing White House AI director explains the policy challenges ahead

米大統領府の初代AI責任者が語る、AI政策の成果と課題

米国政府の人工知能(AI)政策を主導してきたリン・パーカーがこのほど退任し、学術界に戻った。研究開発への投資、人材育成、規制など、在任中の成果と課題について話を聞いた。 by Tammy Xu2022.09.16

米ホワイトハウス(大統領府)の「国家AIイニシアチブ室(NAIIO)」の初代室長だったリン・パーカーがこのほど退任した。2021年1月に発足したNAIIOは、米国における人工知能(AI)の開発促進を目的として、AIに関わるさまざまな連邦政府機関を調整するための機関である。

NAIIOの目標は、AIの研究開発、特に信頼できるAIの開発と活用における米国のリーダーとしての地位を確立することであり、より良い教育と訓練によってAIに携わる米国の労働人口を確保することにある。

パーカーは初代室長として、国家AI研究開発戦略計画の立案、国立AI研究所の設立、研究者の資金申請を支援するAIポータルの構築を監督した。また、AIの測定・評価方法に関する調査も実施した。

パーカー元室長は現在、テネシー大学ノックスビル校のAIイニシアチブ(AI initiatives)所長として学術界に戻っている。

MITテクノロジーレビューは、NAIIOの成果や、米国におけるAIの大きな課題について、パーカー元室長にインタビューした。なお、以下のインタビューは、発言の趣旨を明確にするため、要約・編集されている。

——在任中のNAIIOにおける最大の成果は何でしょう?

NAIIOは、研究開発、AI活用のガバナンス、教育・人材育成、国際協力、連邦政府におけるAI活用など、非常に幅広い領域を網羅しています。NAIIOは、そうした幅広い領域における活動を改善するのに役立っています。多くのコミュニケーション・チャンネルを設置し、すべてのAI分野の活動に優先順位をつけ、調整する方法を確立しました。そのおかげで、効率的かつ効果的な進歩が遂げられたと思います。

——今後取り組むべき最重要課題は何ですか?

研究開発の分野に関しては、インパクトのある成果につながる、良質かつ長期的な研究に、継続的な投資を実施すること。そして、将来恩恵を得られる次世代のAIを構築できるようにすることが課題だと考えています。

信頼できるAIを開発し、活用するために、多くの基本原則を実際にどのように実現していくのかも課題です。

教育や労働人口といった分野において、AIはある意味、新しいテーマになりつつあります。しかし、数学を例にすれば、全員が高度な微積分を理解する必要はなく、多くの人は代数を理解すれば十分です。AI分野も同じことです。多くの人はAIの基本的な概念や能力を概念レベルで知っておけばいい。一方で専門家には、新 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る