KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
脳が発達、心臓も鼓動——「人工胚」の成長で世界初
Amadei and Handford
生物工学/医療 無料会員限定
Scientists have created synthetic mouse embryos with developed brains

脳が発達、心臓も鼓動——「人工胚」の成長で世界初

ケンブリッジ大学やカリフォルニア工科大学の共同研究チームは、幹細胞から作られたマウスの人工胚を、脳が発達する段階にまで成長させることに成功した。ヒトの妊娠の初期段階における失敗などについて新たな知見をもたらす可能性があるという。 by Rhiannon Williams2022.09.14

最近、幹細胞から作られたこのマウスの人工胚は、これまでに作られたどのマウスの人工胚よりも、多くの脳の発達を示している。

この研究を実施したケンブリッジ大学とカリフォルニア工科大学の研究者によると、これまでも幹細胞からマウスの胚を作り出した研究はあったが、脳の前部を含む脳全体が発達し始める段階に達したのは初めてだという。

8月25日付けでネイチャー誌に掲載されたこの研究成果は、ヒトの胚の発達についての詳しい解明につながり、さまざまな病気に関する洞察を得るのに役立つだけでなく、動物に代わる実験材料となる可能性がある。

この新しい人工胚は精子や卵細胞を使わずに作られ、研究室で、自然のマウスの胚と並行して成長した。人工胚と自然胚は受精後8日半までは同じように成長し、鼓動する心臓や、最終的に脳と脊髄になる神経管など、臓器の基礎となる部分が形成された。

スペインのマドリードにあるセベロ・オチョア分子生物学センター(Center for Molecular Biology Severo Ochoa)のレオナルド・ベッカーリ博士は、「これは大きな進歩だと思います」と評価した(ベッカーリ博士は今回の研究には関与していない)。

発生のこの段階におけるマウスの幹細胞の相互作用に関する研究は、人間の妊娠が初期段階で失敗する理由や、それを防ぐ方法について有益な見識をもたらす可能性がある。

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る