KADOKAWA Technology Review
×
Apple Doubles Down on New Openness for iPhone Code

アップルがiOS 10ベータ版で
コードを公開した真意

アップルがiOSの内部を第三者が詳細に調べられるようにしたことで、セキュリティが大幅に向上にするかもしれない。 by Tom Simonite2016.07.07

6月にMIT Technology Reviewが伝えた通り、アップルがモバイルセキュリティの専門家を驚かせたのは今秋公開される新バージョンのプレビューリリースでモバイルOSの重要な部分の仕組みを簡単に検査できるようにしたからだ。この変更により、アップルが開発したコードに含まれる、より多くのセキュリティ上の問題が発見され、修復されると見込まれている。

7日、アップルが強調したのはiOSの2度目のβリリースにある新方針だ。1度目のベータ版が以前のリリースと異なっていたのは、カーネル(デバイス内のアプリが何ができるかを制御する機能)を誰でも見られるようにしたことだ。iOSのセキュリティの専門家のレポートでは、新しいベータ版では他の多くのコンポーネントも明らかにされているという。

セキュリティー研究者のマシュー・ソルニックさんはMIT Technology Reviewに「これまでの方針とは大幅に違う」と語った。ソルニックさんらによれば、アップルはiOSのコードを暗号化してわかりにくくすることで、iOSの仕組みを調べにくくしていた。暗号化を解除して多くの人が目にすれば、バグが発見されやすくなり、アップルに報告されることを狙っているのだ。

アップルは長い間、自社製品のセキュリティを自慢してきた。しかし今年カリフォルニア州サン・バーナディーノで起きた大量銃殺事件の犯人が使っていたデバイスのロックを解除するようFBIから要求されたことに端を発して、当局と膠着状態に陥り、アップルのモバイルOSはこれまで以上に細かく調査された。その後FBIは問題のデバイスをハッキングするよう第三者に有償で依頼し、アップルにセキュリティを強制的に解除させることはあきらめた。一方のアップルは、ハッキングでデータにアクセスできることが判明してしまい、セキュリティ機能をさらに強化する必要に迫られた。

こうした背景があるにもかかわらず、アップルはセキュリティ研究者のためにiOSのコードを隠すのをやめた、とは述べていない。アップルはiOS 10の第1回プレビュー・リリースが注目された当初はコメントを控えていたが、後になって声明を発表し、パフォーマンスの向上のために方針を転換したと述べた。だがパフォーマンス上のどんなメリットがあるのかアップルは説明してない。また7日にも、さらにオープンになったiOSの新しいベータ版についても発言はなかった。

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  4. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  5. Google’s top security teams unilaterally shut down a counterterrorism operation グーグルが報告した手練れのハッキング集団、実は欧米の工作員
トム サイモナイト [Tom Simonite]米国版 サンフランシスコ支局長
MIT Technology Reviewのサンフランシスコ支局長。アルゴリズムやインターネット、人間とコンピューターのインタラクションまで、ポテトチップスを頬ばりながら楽しんでいます。主に取材するのはシリコンバレー発の新しい考え方で、巨大なテック企業でもスタートアップでも大学の研究でも、どこで生まれたかは関係ありません。イギリスの小さな古い町生まれで、ケンブリッジ大学を卒業後、インペリアルカレッジロンドンを経て、ニュー・サイエンティスト誌でテクノロジーニュースの執筆と編集に5年間関わたった後、アメリカの西海岸にたどり着きました。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  4. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  5. Google’s top security teams unilaterally shut down a counterterrorism operation グーグルが報告した手練れのハッキング集団、実は欧米の工作員
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る