KADOKAWA Technology Review
×
Quantum Computers Finally Go Head-to-Head

異なる方式の量子コンピューター同士で初の性能比較

量子コンピューターの実装方法はいくつかあるが、異なる方式同士で初の性能比較実験をしたところ、メリーランド大学製より、IBM製が高速とわかった。ただし、計算結果は不安定で、判定としてはドローだ。 by Jamie Condliffe2017.02.22

An IBM quantum chip.
IBMの量子チップ

赤コーナー、体重わずか5キュービット、メリーランド大学カレッジパーク校出身の量子コンピューター。青コーナー、対戦相手も5キュービット、出身はIBM。いよいよ量子コンピューター初の対戦だ。

2つの異なる基礎テクノロジーで作られた量子コンピューティング装置が、同じアルゴリズムを実行し、どちらが勝つかを競う、初の実験だと研究者は説明した。キュービットとは、量子でいう二進法のビットのことで、メリーランド大学の製品は電磁場で、IBMの製品は超伝導金属製で、イッテルビウム・イオンを捕捉する。

この実験は、2つの異なる物理に基づく製品で、同種のアルゴリズムを実行できるようになったことで可能になった。IBMが自社製品を公開し、研究者がオンラインでプログラムできるようにしたので、メリーランド大学の研究チームは自分たちのデバイスに同じ課題をさせてみたのだ。

対戦結果としては、IBMの製品のほうが高速だったが、信頼性は低かった。メリーランド大学の製品は、すべてを相互に接続したキュービットを使うため、互いに情報を共有できるが、IBMの製品は、中央ハブを通して情報を交換する必要があり、その過程で微妙な量子の状態が壊れてしまうことがあったのだ。

したがって、製品の性能は競争に耐えられる段階に達しておらず、対戦結果から、2つのテクノロジーのどちらかが優位かはまだ判定できない。だが、競合する量子テクノロジーから研究者が最適なほうを絞り込むには、性能を直接比較できることは、今後ますます重要になるだろう。

従来、量子コンピューターの対決相手は量子コンピューターではなく通常のコンピューターだった。特に、D-Waveの量子コンピューターは初期に量子理論に基づいているのか論争になり、何度も通常のシリコン・プロセッサーと比較され、いくつかの非常に特殊な課題では、はるかに高速であることを示した。

サイエンス誌の記事にあるとおり、今回の試験結果は、量子コンピューター同士で性能を比較するまでになった、という象徴的な意味しかない。量子デバイス同士で性能を直接比較できるようになったことは、量子コンピューティングがますます実現に近付いていることを示す証拠だ。

(関連記事: arXiv, Science, “IBM Shows Off a Quantum Computing Chip,” “Google Says It Has Proved Its Controversial Quantum Computer Really Works,” “D-Wave、2000量子ビットのコンピューターを発表”)

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
タグ
クレジット Image courtesy of IBM
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る