KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
カバーストーリー 無料会員限定
Hacking a Desktop Printer to Make Batteries and Circuits

インクジェットプリンターで
電池と基板を印刷

改造したインクジェットプリンターで印刷した曲げられる電池と回路を使えば、「HOT」とLED表示されるスマートコーヒータンブラーが作れるかもしれない。 by Katherine Bourzac2016.07.05

韓国の蔚山(ウルサン)科学技術大学校(UNIST)のリー・サンヨン教授の研究室のベンチの下には、使い古した感じのインクジェットプリンタが置かれている。リー教授が改造したインクジェットプリンターは、「電気二重層コンデンサー」と呼ばれる一種のエネルギー貯蔵デバイスや電子回路を印刷できる。インクカートリッジの中身は、特別に調合した電池材料と導電性インクに入れ替わっており、特殊処理した紙を入れると、プリンターがスーパーキャパシタを吹き付け、曲げられる電子回路部品を、韓国の高解像度の地図や、花、ロゴなど望み通りのデザインで製造できる。

過去5年にわたって「曲げられる印刷式電池」に取り組んできた電池化学者であるリー教授は。「電池の基本設計はリチウム-イオン電池が誕生してから変化していません」という。現在使われている電池は、エネルギー貯蔵材料を金属箔に塗布し、パウチ、コイン、円筒、角柱といった基本形状のセルに、電解液とともにパックされている点では共通している。セルを重ねて電池を作る構造上の制約があるため、たとえば、脈拍などを計測するウエアラブル機器を布地に織り込んだりリストバンドにしたくてもできないのが現状だ。しかし、リー教授の曲げられる電池が実用化されれば、電池はデザインに溶け …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る