KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Wikileaks CIA Stash May Prove Interesting, But Not Necessarily for the Hacks

今回のウィキリークスの暴露で一番得をするは誰か?

CIAによる情報収集活動そのものに目新しさはない。問題は、なぜウィキリークスがいま、このタイミングでリーク情報を暴露したかだ。誰が一番得をするのか考えると、何かが見えてくるかもしれない。 by Jamie Condliffe2017.03.08

ウィキリークスは、米国中央情報局(CIA)から得た「過去最大の機密情報」として、膨大な数のファイルを公開した。確かに数々のハッキングツールの詳細が含まれているが、一見したところ、リークは政治的に影響があっても、技術的に大きな影響はなさそうだ。

ウィキリークス(活動内容に賛否がある)は3月7日朝、秘密情報の巨大コレクション「第7保管庫(Vault 7)」の一部について、2013年から2016年の文書やファイル8761件を第1弾「イヤー・ゼロ(Year Zero)」として発表した。

現時点で、データベース全体は詳細に調べられていない。しかしウィキリークスによれば、CIAのハッキング・プログラムによる情報収集活動(サムスン製テレビを秘密の盗聴器に変えるマルウェアや自動車を遠隔操作できるツール、WhatsApp やSignalなどの暗号化メッセージ・アプリを解読するための数々の手法など)に関する記述があるという。

暴露された手法に、世界を驚かせる新事実は何もない。サムスンは自社のスマートテレビで事実上のスパイ活動が可能だ、とすでに認めている。セキュリティ・コンサルタントは、ジープ・チェロキーを遠隔操作できると2年前に実証済みだ。また、エドワード・スノーデンが指摘しているよ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント