KADOKAWA Technology Review
×
The Wikileaks CIA Stash May Prove Interesting, But Not Necessarily for the Hacks

今回のウィキリークスの暴露で一番得をするは誰か?

CIAによる情報収集活動そのものに目新しさはない。問題は、なぜウィキリークスがいま、このタイミングでリーク情報を暴露したかだ。誰が一番得をするのか考えると、何かが見えてくるかもしれない。 by Jamie Condliffe2017.03.08

ウィキリークスは、米国中央情報局(CIA)から得た「過去最大の機密情報」として、膨大な数のファイルを公開した。確かに数々のハッキングツールの詳細が含まれているが、一見したところ、リークは政治的に影響があっても、技術的に大きな影響はなさそうだ。

ウィキリークス(活動内容に賛否がある)は3月7日朝、秘密情報の巨大コレクション「第7保管庫(Vault 7)」の一部について、2013年から2016年の文書やファイル8761件を第1弾「イヤー・ゼロ(Year Zero)」として発表した。

現時点で、データベース全体は詳細に調べられていない。しかしウィキリークスによれば、CIAのハッキング・プログラムによる情報収集活動(サムスン製テレビを秘密の盗聴器に変えるマルウェアや自動車を遠隔操作できるツール、WhatsApp やSignalなどの暗号化メッセージ・アプリを解読するための数々の手法など)に関する記述があるという。

暴露された手法に、世界を驚かせる新事実は何もない。サムスンは自社のスマートテレビで事実上のスパイ活動が可能だ、とすでに認めている。セキュリティ・コンサルタントは、ジープ・チェロキーを遠隔操作できると2年前に実証済みだ。また、エドワード・スノーデンが指摘しているように、今回のファイルで、CIAがiOSやAndroidを部分的に遠隔操作できる標的型ツールを使っていることは判明したが、暗号化メッセージの送信サービスにぜい弱性があるとは書かれていない。

もちろん、諜報機関によるハッキングは不気味だ。しかし、スノーデンが2013年に暴露した米国国家安全保障局(NSA)の監視プログラムでわかったのは、政府機関は当時から、社会全体で使われているあらゆるテクノロジーをハッキングする必要がある、と考えていたことだ。当然、この状況は4年後の今でも大して変わっていない。もし、ウィキリークスが新ファイルの公表にあたり、わざわざ強調しているツールが、データベース内でもっとも衝撃的なのだとすれば、他のファイルに重大な新事実はないことになる。

もちろん、ファイルの公開で何も起きない、といいたいのではない。まず、8761件のファイルを精査すれば、人々の興味をかき立て、カネになる事実が見つかるだろう。だが、そうした情報を誰かが探し、読み解くには時間がかかる。次に、公開されたファイルは、CIAが「ゼロデイ脆弱性」(何かのぜい弱性が発見されたとき、ソフトウェア開発元が1日以内に(0日間で)問題を特定し、修正プログラムを配布しなければならないことに由来する概念)を大量に集めていたことを示している。CIAのこうした活動は、オバマ政権が2013年に示した方針(大統領令により、すべての省庁に、ゼロデイ脆弱性に関する秘密を保持するのが妥当かを判断する手続きを遵守するよう要求していた)に反している可能性がある。

しかし、もっと重要なのは、なぜいま暴露されたのか、のタイミングかもしれない。ウィキリークスは、公開されたファイルは「内容の証明と分析の準備が整ってすぐに公開した」という。しかし、ファイルは、ドナルド・トランプ大統領が米国の情報機関を非難している最中という絶妙なタイミングで暴露された。ファイルの公開により、トランプ政権がCIAの情報収集を攻撃する糸口を手に入れるかもしれない。ウィキリークスは過去にも、政治的に絶妙なタイミングで、ヒラリー・クリントンの電子メール履歴といった、リーク情報を公開してきた。

別の言い方をすれば、リークで判明する技術的内容よりも、少なくとも現時点では、政治的副産物のほうに価値がありそうだ、ということだ。

(関連記事:WikiLeaks, “シスコ製ファイアウォールのぜい弱性を米政府がバックドアに悪用,” “クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉,” “Transparency and Secrets”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Saul Loeb | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る