医学生物学

And Just Like That, Juno Therapeutics Is Back in Business がんの免疫療法の死亡事故
FDAが治験再開を認める

治験中の3人死亡にもかかわらず、FDAは強力ながん免疫療法の治験再開を認めた。 by Michael Reilly2016.07.14

唐突な方針転換だ。バイオテクノロジー企業のジュノ・セラピューティクスによる、患者の免疫機能を遺伝子的に操作する有望ながん治療に再開にゴーサインが出た。

先週、米国食品医薬品局(FDA)は、治験中の患者3人が死亡したことを受け、ジュノ・セラピューティクスの治験に停止命令を出していた。ジュノ・セラピューティクスは、死亡は患者の体外で遺伝子を組み替えられ、体内に注入し戻された免疫細胞が原因ではなく、治療の一環である事前処置用の薬剤「フルダラビン」への中毒反応が引き起した、としていた。治験再開後、フルダラビンは治療手順から除外される

先週、治験が停止された際に30%下落したジュノ・セラピューティクスの株価は、このニュースを受けて回復した。ジュノ・セラピューティクスが、ライバルのカイト・ファーマやノバルティスより先に市場を手にできるかは今のところ不明だ。ジュノ・セラピューティクスは、2017年までにFDAの認可を得ることを目指していた。

CAR-Tとして知られるジュノ・セラピューティクスの最初の治験は、再発性急性リンパ性白血病患者に対して、驚くべき成果を上げており、10人中約8人で腫瘍が消滅した。しかしこの治療法はリスクが高く、治験は生存可能性の低い患者に限って実施されていた。

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Humans Will Bully Mild-Mannered Autonomous Cars 安全重視の自動運転車は、周りの自動車や歩行者、自転車にナメられる
  4. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  5. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級編集者
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当編集者。地質学者。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 コメント
    「新治療学」の記事
    人気の記事ランキング
    1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
    2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
    3. Humans Will Bully Mild-Mannered Autonomous Cars 安全重視の自動運転車は、周りの自動車や歩行者、自転車にナメられる
    4. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
    5. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?