KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
A Cheap, Simple Way to Make Anything a Touch Pad

ぷるんぷるんのタッチセンサーも作れる夢の新技術

スプレー塗料と電極を使えば、壁から自動車のハンドル、小麦粘土まで、あらゆるものにタッチセンサー機能を「後付け」できる技術が発表された。 by Rachel Metz2017.08.14

タッチパッドのついた、玩具、自動車のハンドル、壁、あるいはエレキギターはいかが?

あなたはきっと、毎日、小さなタッチスクリーンに(携帯電話の画面や、店舗のレジカウンターで)お目にかかっているだろう。だが、大きな面積のものや、平面以外のタッチセンサーにはなかなか出会わないのではないだろうか。大きくて起伏のある表面にこうしたインタラクティブな性質を与えるのには、費用と技術が必要だ。

この傾向は近いうちに変わるだろう。というのも、カーネギーメロン大学の研究者たちが、さまざまな種類の機器をタッチ操作に反応させる方法を考案したと発表したからだ。その方法とは、機器に導電性塗料をスプレーして電極を取り付け、機器のどこを押しているかをコンピューターで測定するだけだ。

「以前から持っている非インタラクティブな玩具やさまざまなモノを、インタラクティブなツールに変えることができるのです」と話すのは、研究プロジェクトを率いた大学院生ヤン・チャンだ。

チャンによると、「エレクトリック(Electrick)」と名付けられたこのシステムは、プラスチック、ジェロー(ゼリー菓子の素)、シリコンなどの材料に対応しているうえに、すでに流通している塗料や電子部品を利用している …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント