1. コネクティビティ
    ザッカーバーグが開発者会議で語ったこと、語らなかったこと
    大量の情報流出で揺れるフェイスブックのトップは開発者を前に何を語るのか? 注目された年次カンファレンス「F8」でのザッカーバーグCEOの発言を振り返る。 Rachel Metz2年前
  2. コネクティビティ
    フェイスブックが12月に米国でリリースした子ども向けアプリが物議を醸している。ペアレンタル・コントロールがあるとはいえ、中身は通常のフェイスブック・メッセンジャーと同じだからだ。ソーシャルメディアが子どもたちに与える影響が十分に明らかではない中、フェイスブックの取り組みは大規模な社会実験になる可能性がある。 Rachel Metz2年前
  3. コネクティビティ
    スワイプの「クセ」で年齢を自動判定、スマホ利用制限で新技術
    サウスカロライナ大学と中国の浙江大学の研究者が、スマホ画面のスワイプ操作から利用者の年齢層を判定するアルゴリズムを開発した。画面の1回のスワイプから84%の正解率で、操作しているのが大人なのか子どもなのかを判定できるとしている。 Rachel Metz2年前
  4. コネクティビティ
    期待はずれだった平昌五輪のVR配信、東京に生かせるか?
    平昌で開催中の冬季オリンピックでは、NBCが50時間以上のVRライブストリーミングを提供している。記者もさっそく自宅で体験してみた。 Rachel Metz2年前
  5. コネクティビティ
    大規模な製造工場や製油所などの産業プラントの現場でも、いまやモバイルアプリの利用が進んでいる。だが、産業制御システムにセキュリティ・ホールがあれば、機械だけでなくプラント全体がダメージを受ける可能性がある。 Martin Giles2年前
  6. コネクティビティ
    米軍基地の位置漏えい騒動が残した、たった1つの教訓
    個人のフィットネス活動を記録・共有するソーシャル・アプリ「ストラバ(Strava)」で公開されている情報から、米軍基地に関する情報が漏えいする事故が起こった。こうしたアプリは、初期設定では個人の情報を過度に公開してしまうおそれがあるので、どの情報を公開するかユーザーはよく考える必要がある。 Rachel Metz2年前
  7. コネクティビティ
    現実の「間」にバーチャル物体を表示、ARが現実に近づく新技術
    大手テック企業やスタートアップが現在販売している拡張現実(AR)ディスプレイはいずれも、現実の風景の前に、バーチャルな画像を重ね合わせる仕組みになっている。オプティカル・サイエンシズ大学のホン・フア教授たちは、バーチャルな物体を現実の物体の前や後ろに配置できるAR用ディスプレイを開発した。 Rachel Metz2年前
  8. コネクティビティ
    ついに出た夢の翻訳イヤホン「ピクセル・バッズ」を使ってみた
    グーグルが、スマホと連携することで、40言語の会話をリアルタイム翻訳できる無線イヤホンを159ドルで売り出した。早速購入して、ヒンディー語、ベトナム語、インドネシア語をそれぞれ話す人たち数人と会話してみた感想をお届けしよう。 Rachel Metz2年前
  9. コネクティビティ
    「ネットの社会問題」はテクノロジーの力で解決できるのか?
    アルファベット傘下のジグソーのヤスミン・グリーン研究開発部長は、世界をよりよい場所にできるかもしれないという希望を抱いて、テクノロジーを活用している。それは簡単なことではない。Rachel Metz2年前
  10. コネクティビティ
    2017年に買ってあげたいガジェットをMITテクノロジーレビューがセレクトしてみた。 MIT Technology Review Editors2年前
  11. コネクティビティ
    グーグルが発表した新製品は、ユビキタス・コンピューティングが現実味を帯びてきたことを感じさせるものだ。だが、必ずしもいい面だけでなく、恐ろしさを覚える面もある。 Rachel Metz2年前
  12. コネクティビティ
    低スペックスマホでも「フェイスID並み」実現? 顔認証に新技術
    アイフォーン Xの登場で3D顔認証が注目されている中、専用ハードウェアが不要で、安価なスマホでも使える技術を開発したと謳うスタートアップ企業が現れた。 Rachel Metz2年前
  13. コネクティビティ
    1台を3台に分割してシェアできるスマホ、使ってみたい?
    1台のスマホを3台に分割して制限付きでシェアできるスマホをカナダと米国の大学生が研究中だ。親機で子機の機能をコントロールでき、親が子供に持たせるスマホのアイデアとして活用できるかもしれない。 Rachel Metz2年前
  14. コネクティビティ
    語学も、歌唱力も——スマホ学習アプリは教育産業を破壊するか?
    語学に歌、ギター——。いまやスマホでスキルを磨ける学習アプリが大人気だ。実際に上達できるかどうかはユーザーのやる気次第だが、各アプリは使い続けてもらうために工夫を凝らしている。Michelle Cheng2年前
  15. コネクティビティ
    アイフォーン誕生から10年
    ワンモアシングでも
    発表されなかったこと
    おなじみの「One more thing」のフレーズとともに発表された新型アイフォーン「アイフォーンX(iPhone X)」には、顔認識やワイヤレス充電など、これまでのアップル製品にはないテクノロジーが搭載されている。だが、10年を迎えたアイフォーンの発表としては物足りない。 Rachel Metz2年前
  16. コネクティビティ
    本音は「 いいね」?「 ひどいね」? 顔認識で反応するSNS
    スマホのカメラでとらえた表情をAIが絵文字に変換。いまは独自のソーシャルメディア向けのテクノロジーだが、いずれ遠隔地医療にも役立つかもしれない。 Rachel Metz2年前
  17. コネクティビティ
    「VR酔い」のレベルを自分で調整できるゲームが開発中
    VRの普及を妨げている要素の1つが、「VR酔い」の問題だ。人によって違う「酔うレベル」を自分で調整できるようになれば、VRはもっと広がっていくかもしれない。 Rachel Metz2年前
  18. コネクティビティ
    音声認識で絵本を進化 「音の拡張現実」がやってきた
    音声認識を活用することで、本の世界とデジタルの世界を融合させる、音の拡張現実とも言えるアプリが登場。子どもたちがわくわくしながら本を読むようになるかもしれない。 Rachel Metz2年前
  19. コネクティビティ
    「Androidの父」の高級スマホはどこがエッセンシャルなのか?
    699ドルのスマホはゴージャスで一通りの機能を備える。しかし、同じような機能を持つスマホはもっと安く買えるし、それを超えるものもすぐに出てくるだろう。 Rachel Metz2年前
  20. コネクティビティ
    ぷるんぷるんのタッチセンサーも作れる夢の新技術
    スプレー塗料と電極を使えば、壁から自動車のハンドル、小麦粘土まで、あらゆるものにタッチセンサー機能を「後付け」できる技術が発表された。 Rachel Metz2年前
  21. コネクティビティ
    コンセントに挿すだけで家中をスマートにする全部のせセンサー
    数多くの異なるセンサーを統合した小さなデバイスが、カメラを使わずに人間のさまざまな行動をモニタリングする。商品化には認識率を限りなく100%に近づける必要がある。 Rachel Metz2年前
  22. コネクティビティ
    ポケモンGOのズレをなくせ!ARアプリの精度アップに新技術
    現在の拡張現実(AR)アプリで、現実世界に重ね合わせて表示されるバーチャル・イメージにはどこか不自然さが付きまとう。その原因の一つに、混雑した街中では特に、ユーザーの位置を正確に検出できないことがある。 Rachel Metz2年前
  23. コネクティビティ
    レコーディングダイエットに最適なウェアラブル端末が開発中
    マイクを使っていつ食べたかを特定するテクノロジーが開発中だ。ウェアラブル端末として実用化されれば、ダイエットや摂食障害の研究に役立ちそうだ。 Rachel Metz2年前
  24. コネクティビティ
    自撮り写真と音声データがあればあなたのアバターは生き続ける
    スタートアップ企業オーベンは、セルフィー1枚と音声データからあなた自身のアバターを作成できるテクノロジーを開発している。アバターは元の人間とそっくりに話したり、歌ったりできる。 Rachel Metz3年前
  25. コネクティビティ
    フェイスブックにとってスマホ型ARは入り口に過ぎない
    フェイスブックは、開発者向けカンファレンスで、カメラにAR型新機能を追加する開発者向けARプラットフォームを発表した。フェイスブックは自社のソーシャルメディア等に積極的にARを採り入れていく方針だ。 Rachel Metz3年前
  26. コネクティビティ
    子どもがお気に入りの毛布を持ち歩いて安心するように、スマホを持ち歩いてないと不安になるスマホ依存の大人が増えている。ライト・フォンは、スマホを待ち運ばずにスマホの電話番号で発着信できる単機能電話だ。 Rachel Metz3年前
  27. コネクティビティ
    VR空間のアバターを、プラットフォーム間で共通化するサービス
    VR普及の本命とされるソーシャルVRは、フェイスブック(オキュラスVR)を頂点とするプラットフォーム戦争でもある。スタートアップ企業のモーフ3Dは、プラットフォーム間でアバターを共通化できるサービスにより、VR業界に一定の地位を築こうとしている。 Rachel Metz3年前
  28. コネクティビティ
    ピコの新型無線ゴーグルは、VRの不人気を打破できるか?
    VRゴーグルの販売が不振だ。原因は未熟なテクノロジーと魅力的コンテンツの不足とケーブルにあるのではないか?と考えられている。スタートアップ企業ピコ・インタラクティブは、ゴーグルからケーブルをなくし、位置センサー内蔵の製品を開発中だ。 Rachel Metz3年前
  29. コネクティビティ
    フェイスブック、自殺のライブ中継の防止機能を追加
    Facebookライブに自殺防止機能が追加されたが、すぐに「死にたい」と口にする人がいるため、機械学習で判別するのは難しいとされる。疑問視する専門家もいるが、限定的な効果を期待する専門家もいる。 Rachel Metz3年前
  30. コネクティビティ
    イヤホンだってスマートになれる!「ヒア・ワン」製品レビュー
    シンプルな外見に、左右3つずつのマイクとタッチ・センサーを内蔵したスマート・イヤホンが新発売された。改善点は多いが、イヤホンでこれだけスマートにできるなら、イノベーションはあらゆる製品で起こせそうだとわかる。 Rachel Metz3年前
  31. コネクティビティ
    暗号化データの捜査利用と
    安全保障はどちらが大事か?
    暗号化データのアクセス権を捜査機関に認めれば、敵対国の諜報機関もデータを利用できる可能性があり、犯罪捜査のために安全保障を損ないかねない。 Mike Orcutt3年前
  32. コネクティビティ
    新発売の車載HUDはなぜiPhoneの40倍の輝度があるのか?
    Navdyのヘッドアップディスプレイがあれば、道路から目を離さずにドライバーは道順がわかる。 Signe Brewster3年前
  33. ビジネス・インパクト
    治安最悪のメキシコで
    起業家が感じる成功の危険性
    メキシコ市場には、モバイルテクノロジーが成功する絶好の機会があるが、リスクもつきまとう。 Adam Popescu3年前
  34. ビジネス・インパクト
    すべての小売業がeコマースだ
    小売りとeコマースはもう別物ではない。eコマース企業は実店舗に乗りだし、一等地に店舗を構えて小売業に君臨していた百貨店もネットに進出し、一等地を手に入れようと躍起になっている。 Antonio Regalado6年前