KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
囲碁を卒業したディープマインド、汎用AIへ向けて動き出す
Forget AlphaGo—DeepMind Has a More Interesting Step Toward General AI

囲碁を卒業したディープマインド、汎用AIへ向けて動き出す

5月の対局で囲碁からの引退を発表した人工知能「アルファ碁」。開発元のディープマインドの研究者は、学習の過程で、人間のような知恵を発揮するアルゴリズムをテストしている。 by Will Knight2017.06.19

アルファ碁(AlphaGo)や自動運転車の賢さは驚異的だが、どちらも汎用人工知能に向けた大きな飛躍とは言えない。だが幸いなことに、一部のAI研究者はマシン・インテリジェンスを拡大する方法を開発中だ。

囲碁チャンピオンロボット、アルファ碁を制作したアルファベット(グーグル)子会社のディープマインドの研究者は、機械の知能を人間並みにする夢を実現する重要なアプローチに取り組んでいる。

先週発表され、ニュー・サイエンティスト誌が取り上げた2本の論文(A simple neural network module for relational reasoning, Visual Interaction Networks)で、ディープマインドの研究者は、人間の知能の基礎をなす認知能力、関係推論をコンピューターに教える取り組みについて説明している。

関係推論とは、簡単に言えば、物体、言葉、観念など、異なる心的表象間の関係を考える能力だ。この種の推論は、人間の認知の発達で重大な役割を果たすと同時に、ほとんどすべての問題の解決に不可欠である。

たいていの既存の機械学習システムは概念どうしの関係を理解しようとしない。たとえば視覚システムは写真に写っている犬や猫を識別できるが、犬が猫を …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント