KADOKAWA Technology Review
×
China’s Tech Moguls Warn of AI’s Troubling Trajectory

米中AI戦争が引き起こす、世界再編の現実味

世界レベルの賢明な起業家とイノベーターたちの間にある認識が広がりつつある。それは、AIが経済と社会に深刻な影響をもたらすことが現実味を帯びてきたというものだ。 by Will Knight2017.06.29

Alibaba CEO Jack Ma.
アリババのジャック・マー( Jack Ma)CEO(最高経営責任者)

過去数十年間に信じられないほどの経済・社会的変革を経てきた中国。人工知能(AI)がもたらす変化は、この国にどんな影響を与えるのだろうか?

中国に数週間滞在し、最先端のAIテクノロジーと製品について、研究者や起業家から話を聞いた。

中国の研究者の野心の高まりや、テック業界全体の活況ぶり以上に印象的だったのは、AIが国内雇用を減少させる可能性について、多くの人々が異口同音に指摘したことだ。数年前には、AIによる雇用減少はあまり大きな問題とみなされてはいなかった。しかし 今やこの問題は、業界カンファレンスの質疑応答やパネルディスカッションの場で、定期的に議題に上るようになっている。

これは、数年間の目覚ましい躍進のあとで中国の経済成長が停滞している現状の反映なのかもしれない。しかし同時に、世界レベルの賢明な起業家とイノベーターたちの間に広まりつつある、ある認識の反映とも言えそうだ。その認識とは、AIが経済と社会に深刻な影響をもたらすことが現実味を帯びてきたというものだ。

中国で最も有名で影響力の大きいテクノロジストたちからは、その思いが明確に読み取れる。

6月19日の週にデトロイトで開かれたアリババ(Alibaba)主催のイベントで、同社のジャック・マーCEO(最高経営責任者)は、AIは中国と米国で多くの労働者から仕事を奪うかもしれず、そのため両国間の関係が悪化し、武力紛争が生じる恐れもあると述べた。中国と米国の間で紛争が起きる可能性はいくつかの新刊本の主題となっているが、技術の推移が状況をさらに複雑にする可能性については触れられていない。

6月24日に、ニューヨーク・タイムズ紙に説得力のある論説記事が掲載された。技術専門家であり、起業家、教育者、そして自ら立ち上げたベンチャーキャピタルシノベーション・ベンチャーズ(Sinnovation Ventures)が運営するAI研究所の所長として名高いカイフー・リー(Kai-Fu Lee)博士は記事の中で、AIは今後数年間で大規模な雇用喪失を引き起こすだろうと主張している。

リー博士もまた、AIの影響が世界格差の悪化を招き、国際関係が再編成される可能性を指摘しているのだ。中国と米国は雇用喪失に見舞われる一方、AI分野でかなり優位にあることから、テクノロジー革命の主たる受益者として頭角を現すだろう。両国はAI技術に基づく大国としての地位を築く可能性がある。何億人もの人々からデータを収集したり、ソフトウェアを用いて人々の生活にあらゆるサービスを提供したりすることで、莫大な富を手にするかもしれない。これに対し、他の国々は、世界秩序における自国の立ち位置を再考しなければならなくなるおそれがある。

もちろん、自動化とAIが経済と社会にどういった影響を及ぼすのか予測することは非常に難しい。しかし、中国と米国の雇用と経済における今後数年の展望が非常に重要になってくる中で、一般見解として、おそらくはこの不確実性そのものが不安の種なのだ。

(関連記事:“China Is Building Robot Army of Model Workers,” New Yorker, New York Review of Books, CNBC, New York Times

人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
  3. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  4. What Europe’s new covid surge means—and what it doesn’t 欧州で新型コロナの感染が爆発的に拡大、今なぜ?
タグ
クレジット Photograph by Mohd Rasfan | Getty
ウィル ナイト [Will Knight]米国版 AI担当上級編集者
MITテクノロジーレビューのAI担当上級編集者です。知性を宿す機械やロボット、自動化について扱うことが多いですが、コンピューティングのほぼすべての側面に関心があります。南ロンドン育ちで、当時最強のシンクレアZX Spectrumで初めてのプログラムコード(無限ループにハマった)を書きました。MITテクノロジーレビュー以前は、ニューサイエンティスト誌のオンライン版編集者でした。もし質問などがあれば、メールを送ってください。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
  3. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  4. What Europe’s new covid surge means—and what it doesn’t 欧州で新型コロナの感染が爆発的に拡大、今なぜ?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る