1. ビジネス・インパクト
    ロボット導入が進む東南アジア、欧米は「出遅れ」
    欧米のロボット労働者の数は、実は東南アジアに比べてはるかに少ない。賃金水準を基にして補正したロボット採用率から意外な結果が見えてきた。 Erin Winick9カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    ロボットはもう大企業だけのものではない
    自動化はすでに、労働者や小規模企業に多大な影響を及ぼしているとされているが、実際の現場はどうなっているのだろうか。マサチューセッツ工科大学(MIT)「未来の仕事(Work of the Future)」 特別委員会の事務局長を務めるリズ・レノルズ博士に話を聞いた。 Erin Winick15カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    AI時代には「働きながら学ぶ」政策が必要だ 元米財務長官語る
    AIやロボットの導入による自動化によって、私たちの仕事が大きく変わろうとしている。労働者にとって何が必要なのか? ロバート・ルービン元米国財務長官に話を聞いた。 Erin Winick18カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    自動化・ロボット化で「失われる雇用」「生まれる雇用」総まとめ
    テクノロジーが進歩するにつれて、これまで人間がしてきた仕事をロボットに奪われて失業者が増大するという予測をよく耳にする。こうした予測にどれくらい信ぴょう性があるのか、各団体の予測する「将来失われる雇用」と「新たに生み出される雇用」をまとめてみた。 Erin Winick2年前
  5. 知性を宿す機械
    米中AI戦争が引き起こす、世界再編の現実味
    世界レベルの賢明な起業家とイノベーターたちの間にある認識が広がりつつある。それは、AIが経済と社会に深刻な影響をもたらすことが現実味を帯びてきたというものだ。 Will Knight2年前