KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Kasparov Thinks Deeply about His Battle with a Machine

AIに負けたチェスの天才カスパロフが考える、機械と共生する未来

IBMのコンピューター「ディープ・ブルー」とチェスの元世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフの歴史的対局を、カスパロフ側から回顧することは、ずっと待ちわびられていた。カスパロフの新著は、日々性能を増していく知性を宿す機械と共生する未来について考える糧となるだろう。 by Jonathan Schaeffer2017.07.13

IBMのコンピューター「ディープ・ブルー(Deep Blue)」と、チェスの元世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフ(Garry Kasparov)の1997年の有名な対局を、カスパロフ側から回顧することは、ずっと待ちわびられていた。ディープ・ブルーの勝利に終わった全6局の公開対局は、人工知能の歴史における画期的出来事とされてきたが、(人間の)チェス界にとっては悲しみの一日として記憶されてきた。

しかし、重要な事柄というのは概して白黒つけがたいものだ。新著『Deep Thinking』で、カスパロフと長年の共著者ミグ・グリーンガードは、対局前と対局中、そして対局後のカスパロフの体験とチェス用人工知能(AI)の歴史的概観を結びつけ、日々性能を増していく知性を宿す機械と共生する未来について考える糧となる、良質で読みやすい本に仕上げている。

ディープ・ブルーとの対局結果への洞察を目当てにこの本を購入するであろうチェス愛好家たちの多くは、今まで一般に知られていなかったカスパロフの一面を知って驚くことだろう。カスパロフは、年月を経て円熟味を増したのだ。絶頂期のカスパロフは、態度に自信が溢れ、傲慢だとみなされることもよくあった。容赦ない完璧主義者で、自らの行動や公の発言を省みなかった。ところが、Deep Thinkingには、カスパロフがディープ・ブルーとの対局についてかなりの内省をしたことが明確に表れている。かつての非難は承認へと代わった。文中の数カ所で、カスパロフが自らの振る舞いを謝罪していることはかなりの驚きだ。次のような文章で、ディープ・ブルーとの熱戦のさなかに彼が呈した苦言の多くを取り下げている。

「ディープ・ブルーは不正行為をしましたか?」という質問を、数え切れないほど何度も受けてきた。これに対する私の正直な答えはいつも「さあね。分からないよ」というものだった。 しかし、20年間の省察、新たな事実の発覚、そして分析を経た今、その質問に対する私の答えは「ノー」である。

それでも …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント