KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Microsoft Thinks AI Will Fill Your Blind Spots, Not Take Over Your Job

マイクロソフトのAIも「人との協働」目指す グーグルとカブる

グーグルを猛追するマイクロソフトは、人間と人工知能(AI)の共同作業を改善する構想を打ち出した。つまり、AIは必ずしも人間に取って代わる必要はなく、より良い仕事をする手助けをするということだ。 by Jamie Condliffe2017.07.13

グーグルを猛追するマイクロソフトは、人間と人工知能(AI)がより効率的にお互いを補い合うことを可能にする構想を打ち出した。

2017年7月12日にロンドンで開かれたイベントでマイクロソフトは、ワシントン州レッドモンドの本社にある基礎研究機関マイクロソフト・リサーチのAI部門の管轄下に、100人のエンジニアと研究者から成る新しいチームを結成することを発表した。今までAIの別々の分野で働いてきた研究者の間にある障壁を取り除くための取り組みだという。マイクロソフト・リサーチのエリック・ホロヴィッツAI担当責任者はイベントで、この構想は「人間の知能の神秘を理解する道のり」へと導くだろうと話した。

構想の大部分を占めるのは、人間とAIの共同作業の改善を手助けすることだ。「コンピューターが人間と対話し、さらに、知能指数(IQ)で表される賢さと心の知能指数(EQ)で表される共感がバランスを取れるようになったら、あらゆる人がコンピューターと共同作業ができるようになるでしょう」と、マイクロソフトのAIリサーチ・グループのハリー・シャム上級副社長は説明する。マイクロソフトの動きは、7月10日の週の始めのグーグル(2017年版スマート・カンパニー50)の発表と重なるところがある。この発表でグーグルは、人間と機械のお互いとの働き方の改善を目指す新しいプログラム、「人間+AI研究(People + AI Research=PAIR)」の開始を明らかにしたばかりだ。

人間とAIがうまく共生できると確証することは、ビジネスにおいて非常に重要だ。現在、人々はアルゴリズムのことを、非常に単純な補佐官程度しか思っ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント