KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
コネクティビティ Google Fiber Stalls as the Industry Gears Up for Ultrafast Wireless

有線インターネットの終わり
Google Fiberを無線で提供へ

有線ネットワークを廃止すれば次世代超高速インターネットの実現が早まる可能性。 by Michael Reilly2016.08.15

ファイバーの敷設には、実際かなり費用がかかることが、超高速インターネットを米国のあらゆる都市に行き渡らせる大規模プロジェクト「Google Fiber」の拡張がなかなか進まない理由のひとつだ。グーグルは、一般的な高速無線の100倍も速いインターネットサービス用の光ファイバーケーブルを敷くのに何億ドルを費やして、現在6都市の顧客向けにサービスを提供している。

別の理由は、ギガビット・インターネットは、有線にこだわらなければかなり安く実現できると認識されだしたことだ。光ファイバーを敷設するために道路を掘り起こすのは高いだけでなく、グーグルは大手のISP(基本的には、グーグルの高速インターネット構想のせいで事業価値が損なわれている)と電柱の利用権を交渉していることもある。その一方で、超高速のWi-Fi基地局は、高層のビルの上に取り付ければ、直接ユーザーに向けてインターネットアクセスを提供できる。

ギガビット・インターネットの将来は、有線ネットワークの廃止にあると考えているのはグーグルだけではない。MITテクノロジーレビューでも伝えてきたとおり、ベライゾンやAT&T、フェイスブックもへき地や途上国向けの無線インターネットの実現に動いている。また、スタートアップ企業のスターリー(Starry)も力を入れており、個人宅に超高速ネットワークを導入させる最初の企業になる可能性がある。

グーグルが無線ネットワークに向かって進み出したと思われる動きは、無線テクノロジーでギガビット・インターネット接続を家庭に提供することを目指すウェブパス(Webpass)を買収するとグーグルが発表した6月に顕在化した。買収のプロセスは今も続いているが、Google Fiberの次の提供予定地であるサンノゼ(カリフォルニア州)とポートランド(オレゴン州)は、有線ではなく電波で強烈な速度のインターネットを利用できる可能性が出てきた。

(関連記事:Ars TechnicaWall Street JournalWireless, Super-Fast Internet Is Coming to Your Home,” Facebook Is Testing a Super-Speed Public Wi-Fi System”)

人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  3. Elon Musk Urges U.S. Governors to Regulate AI Before “It’s Too Late” 「AIは悪魔、今すぐ規制すべき」イーロン・マスクが熱弁
  4. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
  5. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
「コネクティビティ」の記事
人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  3. Elon Musk Urges U.S. Governors to Regulate AI Before “It’s Too Late” 「AIは悪魔、今すぐ規制すべき」イーロン・マスクが熱弁
  4. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
  5. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント