コンピューティング

Google Fiber Stalls as the Industry Gears Up for Ultrafast Wireless 有線インターネットの終わり
Google Fiberを無線で提供へ

有線ネットワークを廃止すれば次世代超高速インターネットの実現が早まる可能性。 by Michael Reilly2016.08.15

ファイバーの敷設には、実際かなり費用がかかることが、超高速インターネットを米国のあらゆる都市に行き渡らせる大規模プロジェクト「Google Fiber」の拡張がなかなか進まない理由のひとつだ。グーグルは、一般的な高速無線の100倍も速いインターネットサービス用の光ファイバーケーブルを敷くのに何億ドルを費やして、現在6都市の顧客向けにサービスを提供している。

別の理由は、ギガビット・インターネットは、有線にこだわらなければかなり安く実現できると認識されだしたことだ。光ファイバーを敷設するために道路を掘り起こすのは高いだけでなく、グーグルは大手のISP(基本的には、グーグルの高速インターネット構想のせいで事業価値が損なわれている)と電柱の利用権を交渉していることもある。その一方で、超高速のWi-Fi基地局は、高層のビルの上に取り付ければ、直接ユーザーに向けてインターネットアクセスを提供できる。

ギガビット・インターネットの将来は、有線ネットワークの廃止にあると考えているのはグーグルだけではない。MITテクノロジーレビューでも伝えてきたとおり、ベライゾンやAT&T、フェイスブックもへき地や途上国向けの無線インターネットの実現に動いている。また、スタートアップ企業のスターリー(Starry)も力を入れており、個人宅に超高速ネットワークを導入させる最初の企業になる可能性がある。

グーグルが無線ネットワークに向かって進み出したと思われる動きは、無線テクノロジーでギガビット・インターネット接続を家庭に提供することを目指すウェブパス(Webpass)を買収するとグーグルが発表した6月に顕在化した。買収のプロセスは今も続いているが、Google Fiberの次の提供予定地であるサンノゼ(カリフォルニア州)とポートランド(オレゴン州)は、有線ではなく電波で強烈な速度のインターネットを利用できる可能性が出てきた。

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Humans Will Bully Mild-Mannered Autonomous Cars 安全重視の自動運転車は、周りの自動車や歩行者、自転車にナメられる
  4. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  5. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級編集者
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当編集者。地質学者。
「インターネットアクセス」の記事
人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Humans Will Bully Mild-Mannered Autonomous Cars 安全重視の自動運転車は、周りの自動車や歩行者、自転車にナメられる
  4. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  5. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?