KADOKAWA Technology Review
×
秘密主義マジック・リープのARヘッドセットは本当に出るのか?
Magic Leap
コネクティビティ 無料会員限定
Magic Leap Says It Will Release Its AR Headset Next Year

秘密主義マジック・リープのARヘッドセットは本当に出るのか?

謎に包まれたARスタートアップ企業が、開発中のヘッドセットの画像を公開した。しかし、どれぐらい使いものになるのか、いつ発売するのかといった、基本的なことはいまだに明かされていない。 by Rachel Metz2017.12.22

製品を公に説明することさえせずに、20億ドル近くの資金を調達した拡張現実(AR)関連のスタートアップ企業マジック・リープ(Magic Leap)が、自社サイトで製品について少しだけ明らかにしている。マジック・リープは、2018年に開発者向けのヘッドセットを発表するという。ただし、それがどのくらいの価格になるのか、厳密にいつ出荷されるのかは明らかにしていない。

2017年12月20日に公開した新しいWebサイトに、マジック・リープは「マジック・リープ・ワン[クリエイター・エディション](Magic Leap One: Creator Edition)」と名付けた、レトロな外観の黒いグーグル・グラス(Google Glass)ふうメガネの画像を掲載した。このメガネは、現実の物はきちんと見えるが、長時間使用しても快適な方法でデジタル画像を混在できると、説明されている。ただしいつも通り、このメガネがどのように機能するか詳細は述べていない。ライト・フィールド(光照射野)に関係するテクノロジーを使っているという以上は触れていない。ライト・フィールドとは、光が物体に反射するときに作り出されるパターンのことだ。

南フロリダにあるテック企業の集積地からは遠く離れたところに本拠地を置くマジック・リープは、2011年からヘッドセットを秘密裏に開発してきた。2014年後半に見せたデモでは、まるで同じ部 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る