KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
高すぎる遺伝子療法の費用は誰が払えるのか?
Spark Therapeutics, Inc.
生命の再定義 無料会員限定
An $850,000 Price Tag on Gene Therapy Shouldn’t Freak You Out—Yet

高すぎる遺伝子療法の費用は誰が払えるのか?

遺伝子療法に対して付けられた価格は、一般人には到底支払えなさそうな唖然とする金額だ。しかし専門家たちは、こうした価格を、少なくとも今のところは、さほど恐れる必要はないとしている。 by Emily Mullin2018.01.19

新たに認可された失明に対する遺伝子療法「ラクスターナ(Luxturna)」に付けられた85万ドルという価格は患者支援団体を唖然とさせた。しかし、その値段に対するショックはすぐに消え去る可能性がある。

多くの高額な医薬品は毎年購入する必要がある。 しかし、遺伝子療法は一度だけ受ければ永続的に効果が持続する可能性を秘めている。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の新薬開発パラダイム・プログラムを指揮するマーク ・トゥルシェーム客員研究員によると、遺伝子療法は医学を「賃借」治療モデルから長期にわたる健康改善を「購入」するモデルへと移行させているという。

「この問題は、ちょうどアパートを借りていた人がコンドミニアムを購入することにした際、購入価格の高さにショックを受けるようなものです」。

フィラデルフィアに本拠を置くスパーク・セラピューティクス(Spark Therapeutics)は1月3日、遺伝性疾患に対する米国市場で入手可能な初の遺伝子療法であるLuxturna(ラクスターナ)で、片眼につき42万5000ドルの治療費を請求すると発表した。

医薬品価格の適正化を提唱する「処方薬の価格を下げる患者の会(Patie …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る