KADOKAWA Technology Review
×
自動運転車に乗ってわかった
運転がうまい車、下手な車
Lyft; Phantom Auto; Baidu; Keolis
知性を宿す機械 Insider Online限定
And the award for most nauseating self-driving car goes to …

自動運転車に乗ってわかった
運転がうまい車、下手な車

今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、自律自動車に関するさまざまな発表や展示があった。自律自動車の乗り心地はどうか? 4台の自律自動車に実際に乗車して公道を走行した感想を報告する。 by Rachel Metz2018.01.17

2018年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)は、いろいろな意味で消費者向け電子製品の展示会というよりは自律自動車の展示会のようだった。

フォードやバイドゥ(Baidu)、トヨタなどのさまざまな企業から、新型の自動運転車や近日実施する試験運転の計画、それに新しい提携についての多くの発表があった。ラスベガスのコンベンション・センターの向かいにある駐車場では、いくつかの企業がこうした車に乗れるようにしていた。アプリを使ってリフト(Lyft=サンフランシスコに拠点を置く配車サービス会社)の自動運転車を予約して、ラスベガス・ストリップ通りにひしめくカジノの前で降ろしてもらうことだってできた。

数キロ離れたラスベガスの中心街では、8人乗り自律シャトルバスがフリーモント・ストリート付近を巡回運転していた。通勤輸送サービス会社のケオリス(Keolis)と自律自動車メーカーのナビヤ(Navya)、そしてラスベガス市が現在進めている試験の一部だ。

誰もが夕食に出かけるためにロボット・タクシーを呼んだりできるようになるのはまだ当分先のことだが、私は自律自動車の乗り心地を実感してみたかった。そこで先週、できる限り多くの自律自動車の乗車の列に並び、運転がどれぐらいスムーズだったか、自律自動車が突然の障害物にどう反応したか、そして人間の手がハンドルに置かれていない(もしハンドルがあればの話だが)自動車の乗客になるのは概してどのような体験なのかに注意を払ってみた。

結果はどうだったか? たいていは退屈なものであった(この場合、よいことではあるのだが)。そして、乗り物酔いと少しばかりの恐怖もあった。

最も乗り物酔いがひどかった車

ラスベガス・ストリップからフリーモント・ストリートに赴き、ケオリスとナビヤが共同で運営している自律シャトルバスに乗り込んだ。このテクノロジーに慣れ親しみ始めている他の消費者と一緒に過ごすのは良い機会だと思った。

800メートルほ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る