KADOKAWA Technology Review
×
ツイッターの「健全性指標」公募は成功するか? 専門家はこう見る
Flickr
コネクティビティ 無料会員限定
Twitter wants to reduce the “health” of its conversations to four numbers. Good luck, say experts.

ツイッターの「健全性指標」公募は成功するか? 専門家はこう見る

ツイッターがツイートの健全性を測る基準を募集している。難航が予想されるが、どのような意義があるのか。専門家の見方を紹介する。 by Rachel Metz2018.04.04

ツイッターには「健康診断」が必要だ。長年にわたってツイッターには荒らし、敵意、でっち上げなどの悪意に満ちたやり取りが繰り広げられてきたが、ここに来てツイッターはユーザーの会話の健全性を測定しようとの提案を投げかけている。提案の目標は、ユーザー間の会話の質を測る基準を作り、ツイッターをユーザーにとってより快適な交流の場にするためのデータを、エンジニアに提供しようというものだ。

「健全な」会話をどう定義するのか。世の中の人にも考えてもらうため、ツイッターは公共圏の健全性のための4つの原則を掲げた。4つの原則は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディア・ラボと共同研究している非営利団体コルティコ(Cortico)によって打ち出されたもので、ある問題を話し合っている人たちが同一の事実に基づいて論じているかどうか、他の人の意見にどのくらい素直に耳を傾けているか、といったことが含まれる(コルティコの共同創設者であるMITのデブ・ロイ准教授によれば、コルティコはツイッターと正式な契約を交わしてはいないが、独自の指標を提案する可能性があるという)。

直面する問題の1つは、コルティコによる4つの原則は、米国におけるツイッター・ユーザーを対象とする研究に基づいていることだ。確かにツイッター・ユーザーが世界で最も多いのは米国だが、その数は世界全体の約5分の1に過ぎない。従って、ツイッターが本気で世界的なネットワーク全体から意見を募ろうと考えているなら、コルティコの4原則よりもずっと多くの …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る