KADOKAWA Technology Review
×
都会の真ん中で年間4トンを収穫、コンテナ農場は宇宙を目指す
Courtesy of Freight Farms
ビジネス・インパクト Insider Online限定
How to grow four tons of food a year in a metal box without sunlight

都会の真ん中で年間4トンを収穫、コンテナ農場は宇宙を目指す

気候や場所によらずに農作物を栽培するために、ハイテク水耕栽培装置を備えたコンテナ農場を開発している企業がある。コンテナ農場を宇宙でも利用できるように、より持続可能で循環型の栽培を目指した研究も進めている。 by Erin Winick2018.03.12

ジェイミー・シルヴァースタインは毎日農場で働いている。作業場は貨物輸送用のコンテナの中。勤務地はボストンだ。シルヴァースタインは、近年広まっている都市農家ムーブメントの一端を担っている。効率的なハイテク水耕栽培システムを利用して、都市住民と食品の距離を縮めようとする動きだ。

 

都会のコンクリートジャングルにある農場

シルヴァースタインは、「リーフィー・グリーン・マシン(Leafy Green Machine)」を製造する会社フレイト・ファームス(Freight Farms)で、農作物専門家として働いている。リーフィー・グリーン・マシンは水耕栽培機器を装備した貨物用コンテナ。気候や場所に左右されることなく、年間2〜4トンの収穫を見込めるのが特徴だ。「コンクリートなどで舗装された駐車場に設置できるので、豊かな土壌を必要としません」とシルヴァースタインはいう。豊かな土壌はまさに都会に欠けているものだ。

このコンテナ農場では主に、レタスやスイスチャードなどの葉菜類が生産されている。成長が速く、狭い空間でたくさん栽培できるからだ。

リーフィ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る