KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
ジェフ・ベゾスが
招待者限定イベントで見せた
アマゾンの未来
David Ryder | getty
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Jeff Bezos gave a sneak peek into Amazon’s future

ジェフ・ベゾスが
招待者限定イベントで見せた
アマゾンの未来

秘密主義の会社として知られるアマゾンが、招待者限定のカンファレンスでその遠大な計画の一端を垣間見せた。主催したジェフ・ベゾスCEOは200人のゲストを前に、将来の展望を語った。 by Jackie Snow2018.03.26

アマゾンの未来は、MARS(火星)から見える。

ここでいうMARSとは、機械学習(machine learning)、ホーム・オートメーション(home automation)、ロボット工学(robotics)、そして宇宙開発(space exploration)を意味する、アマゾンのジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)主催による招待者限定カンファレンスのことだ。今年3回目となるこの年次カンファンスは、3月20〜21日、カリフォルニア州パームスプリングスで開催された。

MARSは、アマゾンの通常のカンファレンスとはまったく異なる。製品や企業買収の発表は一切なく、アマゾンのブランドを示すものすらどこにもなかった。砂漠の中での2日間、そして200人のゲスト。中にはノーベル賞受賞者や宇宙飛行士、デザイナー、そしてパーキンソン病の研究を支援している俳優マイケル・J・フォックスの姿もあった。ゲストは、ナイフ作りをしたり複葉機に乗ったりして、それぞれ冒険的な活動を体験した。カンファレンスの表向きのテーマは、ゲストがお互いに自分の仕事やその情熱についてプレゼンテーションすること。だが、本当の意義はアマゾンの未来をのぞき見ることにあった。

カンファレンスで見えてきたのは、ベゾスCEOがアマゾンのために用意している計画がいかにスケールの大きなものか、ということだ。

招待されたゲストが代表を …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る