KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
How Other Battery Manufacturers Could Help Tesla Reach Its Own Goals

ガソリン車終了は2020年代
電気自動車とテスラの戦略

全世界でバッテリー生産量が急増することは、バッテリー単価の下落を意味するが、同時に、製造コストが下がることで、電気自動車市場の立ち上がりに貢献するかもしれない。 by Jamie Condliffe2016.09.08

バッテリーを大量生産すれば、電気自動車が作れるのではないか。皆がそう考えた結果、テスラ以外にもバッテリー開発のアイデアを持つようになった。

テスラが計画中のギガファクトリーは、35ギガワット時に相当する大量のバッテリーを2020年までに毎年生産する計画だ。イーロン・マスクが大満足しそうな大きな数字だ。

しかし、ブルームバーグが指摘するように、中国の電気自動車メーカー比亜迪(BYD)も34ギガワット時相当のバッテリーを2020年までに生産する計画がある。別の中国企業コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジーも、26ギガワット時相当するバッテリーを2020年ころまでに生産する計画だ。他のメーカーも大容量バッテリーの生産に加わりそうだし、古いタイプのバッテリーも回収されて再利用される。したがって、2020年までには130ギガワット時を超えるバッテリーが毎年生産されることになる。

そうなると、テスラのバッテリー生産量は、巨大市場の一部でしかない。市場で存在感を示す一部といっても、ただの一部に変わりはない。市場が大きくなれば、単価が大幅に下がることになる。ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンスは、バッテリー販売額は2020年までに、キロワット時あたり262ドルずつ下がる可能性があると指摘した。2030年までには、キロワット時あたりおよそ126ドルずつ下がるともいう。

バッテリーメーカーの売上高にとっては悪いニュースかもしれない。実際、ブルームバーグは太陽光電池メーカーが直面している悲劇とバッテリー市場の価格競争を比較している。太陽光電池に関しては、大量の製品が市場にあふれたことで、たった5年間で販売価格が60%以上も下落した。

しかし、バッテリー価格の下落は、電気自動車市場全体にとっては将来の見込みが大きくなる。昨年、ある学者チームが発表した研究では、バッテリー販売額がキロワット時あたり150ドルずつ下がった場合「自動車テクノロジーにおいて将来性のあるパラダイムシフト」を目の当たりにできるかもしれない、と指摘した。もしブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンスの予想が正しければ、2020年代は電気自動車が大ヒットする10年かもしれない

フォルクスワーゲンは、バッテリー価格の低下を歓迎するひとつだ。フォルクスワーゲンは、中国の自動車販売メーカー、上海オートモバイルとの共同開発で、中国での電気自動車生産を検討する合意書に署名した、と発表した。フォルクスワーゲンは、電気自動車を2025年までに年間100万台販売したいと考えている。

もちろん、テスラはフォルクスワーゲン以上に意欲的だ。もしテスラがバッテリー生産量のターゲットを達成するつもりなら、頭を悩ませるのも無理はない。販売間近のモデル3にはすでに約40万台の事前予約が入っているが、生産台数を満たすには、バッテリー価格が数年以内に下がり、モデル3をヒットさせことが唯一のチャンスになりそうだ

テスラが事前予約数どおりに販売できるかどうかは、現段階ではわからない。しかし、生産量の急激な増加によって、電気自動車を先に完成させるのがどの会社だとしても、少なくともテスラは自動車製造業界を活気づけ、電気自動車の将来的な見込みを保証するのに一役買っているようだ。

人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
タグ
クレジット Photography by Philippe Lopez | AFP/Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る