KADOKAWA Technology Review
×
アマゾンの自動倉庫には人間が必要——主任技術者が語る
Justin Saglio
Humans are still crucial to Amazon’s fulfillment process

アマゾンの自動倉庫には人間が必要——主任技術者が語る

アマゾンの高度に自動化されたフルフィルメント・センターは、決して人間の雇用を減らすためものではないし、小規模の事業者向けのサービスも提供している、と同社の主任技術者はMITテクノロジーレビュー主催の「EmTech(エムテック)ネクスト」で主張した。 by Erin Winick2018.06.07

アマゾンの自動倉庫で働くロボット部隊は、今や10万台を超える。人間と一緒に仕事をし、電子商取引大手の膨大なフルフィルメント(受注から発送までの作業)の要求に応えるべく役立っている。

アマゾンのロボットは、広大な倉庫の中を在庫を抱えて動き回り、顧客の注文した商品を集め、人間が商品に関わる手間を減らしている。しかし、アマゾン・ロボティクスの主任技術者であるタイ・ブレイディは、次のように主張する。これらのロボットは、倉庫内で人間がする仕事を減らすためではなく、人間の能率性を高めるために導入されているのだと。

実際、アマゾンは雇用を全力で推し進めており、現在50万人以上を雇っている。ブレイディ主任技術者は、雇用を増やすためにはロボットが不可欠だと考えている。「何万もの注文が同時に発生すると、人間が対応できる範囲を超えてしまいます」。6月4日に開催されたMITテクノロジーレビュー主催のカンファレンス「EmTech(エムテック)ネクスト」で、聴衆にそう語った。

人間はまだ、フルフィルメント業務に必要なスキルを提供している。器用さや順応性、そして昔ながらの常識といったものだ。たとえば、フルフィルメントの業務中にポップコーンのバターが誤って容器からこぼれ落ちたとき、バターはつぶれて、フロアの真ん中に巨大なバター溜まりを作った。好奇心旺盛なロボットは、この状況に対処する術も知らないのに、様子を見に行きたがった。「ロボットはバター溜まりの中を通り抜けて行ったのですが、スリップしてエンコーダーにエラーが出てしまいました」(ブレイディ主任技術者)。

アマゾンは労働者を解雇しなかったとは言え、自動化された高効率のフルフィルメント業務は小売業の雇用を大幅に減少させる一因となっている。そして雇用減少の影響は女性に偏っている。アマゾンのレジのない店もまた、小売業の雇用を再編する可能性を有している。

しかしアマゾンは、小規模な事業者がアマゾンのプラットフォームを利用できるサービスを提供し、ネガティブな影響を軽減させようと取り組んでいる。「当社にはフルフィルメント・バイ・アマゾンというサービスがあります。アマゾンの在庫の半分以上は、サードパーティの業者が販売している商品です。家族経営の小さな販売店は世界中に存在しています。フルフィルメント・バイ・アマゾンは、世界中の小さな店々に大成功をもたらすでしょう」とブレイディ主任技術者は語った。

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
エリン・ウィニック [Erin Winick]米国版 准編集者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。機械工学のバックグラウンドがあり、宇宙探査を実現するテクノロジー、特に宇宙基盤の製造技術に関心があります。宇宙への新しい入り口となる米国版ニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」も発行しています。以前はMITテクノロジーレビューで「仕事の未来(The Future of Work)」を担当する准編集者でした。それ以前はフリーランスのサイエンス・ライターとして働き、3Dプリント企業であるSci Chicを起業しました。英エコノミスト誌でのインターン経験もあります。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る