1. ビジネス・インパクト
    テクノロジーによる自動化は「若者」と「地方」を襲う
    米国のシンクタンクが、自動化によって人々が職を失う可能性について、地域やグループごとに分析した結果を示す報告書を新たに発表した。それによると、自動化のあおりを受ける確率がもっとも高いのは、地方の小都市と若者たちであることが明らかになった。 Erin Winick8カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    シリコンバレーの起業家や投資家が熱心に訴えるユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現が進まない。データを取るための社会実験は相次いで中止され、導入までのハードルはいまだ高いままだ。 Erin Winick8カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    2020年の米大統領選候補者として名乗りを上げた、アンドリュー・ヤン。ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入やテクノロジー省の創設など、その政策はいかにも「西海岸的」だ。 Erin Winick9カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    テクノロジーの進化による労働者の失業への不安感は、単に所得保障をすればいいというものではない。彼らの自信と誇りをないがしろにしてきたつけが、トランプを大統領に押し上げたと考えればつじつまがあう。 Brian Alexander14カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    かつて鉄鋼の街として栄えたピッツバーグはいま、急速な高齢化と人口減少にあえいでいる。ウーバーやアマゾンといったテック企業の誘致、製鉄所跡地の再開発などを通じてロボット工学の聖地として再生を目指す街の姿からは、AI経済全体の課題が見えてくる。 David Rotman15カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    MITTR記者が告白「私は3Dプリンターで同僚の職を奪いました」
    大学生だった私は、インターンシップ生として働いた会社で自動化プロジェクトを推進し、職場の同僚の仕事を奪ってしまった。MITテクノロジーレビュー米国版編集部のエリン・ウィニック記者が告白する。 Erin Winick15カ月前
  7. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)とロボット工学は長らく、近いようで遠い独立した分野として発達してきた。だが、AIとロボット工学を結びつけることで、AIを次の段階へ進め、ロボットによる自動化の新たな扉を開くことになるかもしれない。 Will Knight15カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    経済指標が示すところによると、最近のテクノロジーの進歩やイノベーションは生産性の向上にさほど寄与していないという。様々な理由が考えられるが、一つの考え方として、人工知能(AI)などの新しいテクノロジーは「汎用技術」であり、マクロ経済の指標に影響が現れるのには何十年もかかるというものがある。 David Rotman15カ月前
  9. 知性を宿す機械
    製造現場へのロボットの導入といえば、100%完全な自動化をイメージしがちだ。だが、ある米国のスタートアップ企業は、市販の3Dセンサーと独自のソフトウェアを用いて、人間の作業者と隣接して協働できる産業用ロボットを開発している。人間とロボットが互いの苦手な点を補完して作業を進める、新しい製造業のあり方を模索する動きだ。 Will Knight15カ月前
  10. 知性を宿す機械
    教育への投資が自動化と戦う武器になる——MITのアシモグル教授
    ロボットはAIは本来、賃金や労働需要を増やす「実現技術」のはずだ。だが、現実には人間の仕事を奪う「置換技術」となっている。 MITのダロン・アシモグル教授は教育システムの見直しが必要だと提言する。 Elizabeth Woyke15カ月前
  11. ビジネス・インパクト
    アマゾンの自動倉庫には人間が必要——主任技術者が語る
    アマゾンの高度に自動化されたフルフィルメント・センターは、決して人間の雇用を減らすためものではないし、小規模の事業者向けのサービスも提供している、と同社の主任技術者はMITテクノロジーレビュー主催の「EmTech(エムテック)ネクスト」で主張した。 Erin Winick16カ月前
  12. ビジネス・インパクト
    ロボットはもう大企業だけのものではない
    自動化はすでに、労働者や小規模企業に多大な影響を及ぼしているとされているが、実際の現場はどうなっているのだろうか。マサチューセッツ工科大学(MIT)「未来の仕事(Work of the Future)」 特別委員会の事務局長を務めるリズ・レノルズ博士に話を聞いた。 Erin Winick16カ月前
  13. ビジネス・インパクト
    AP通信の自動化担当編集者、「AI記者」で仕事はこう変わる
    日本でも日経新聞が取り組んでいるように、AP通信も決算関連記事を自動執筆するツールを開発した。開発した編集者は、人間と機械の協働によって作業を効率化し、新しい価値を生み出せると考えている。 Erin Winick17カ月前
  14. ビジネス・インパクト
    テクノロジーで変わる仕事の未来に労働者はどう備えるべきか?
    テクノロジーが職場を変えようとしている今、未来に備えて米国の労働者ができる最善のことは「学校に行くこと」だという。経済学者ジェイ・シャンボーに仕事の未来をどう捉えるべきか、話を聞いた。 Erin Winick17カ月前
  15. ビジネス・インパクト
    誰もがみんな数字に強くなる必要はない:AIで変わる仕事の未来
    記事の自動作成ソフトを作ったスタートアップ企業の経営者は、人間がコンピューターの言語を理解するより、コンピューターに人間の言語を理解させた方が利用しやすくなると考えている。誰もがデータ科学者になる必要はないという。 Erin Winick18カ月前
  16. ビジネス・インパクト
    AI時代には「働きながら学ぶ」政策が必要だ 元米財務長官語る
    AIやロボットの導入による自動化によって、私たちの仕事が大きく変わろうとしている。労働者にとって何が必要なのか? ロバート・ルービン元米国財務長官に話を聞いた。 Erin Winick2年前
  17. 知性を宿す機械
    バリスタロボの腕前は?
    サンフランシスコのカフェで
    評判を聞いてきた
    サンフランシスコのスタートアップ企業が、バリスタ・ロボットをガラス張りのケース内に設置した「店舗」を市内の複数カ所に展開している。ロボットによるコーヒーの給仕という「顧客体験」に対し、客は実際にはどのように感じているのかを現地で聞いてみた。 Rachel Metz2年前
  18. 知性を宿す機械
    あまりにも進歩が速い人工知能(AI)をめぐって、過度の期待や不安が入り混じって語られることが多くなっている。AIについて考察した3つの議論から、本当は何が起こっているのかを見てみよう。 Brian Bergstein2年前
  19. ビジネス・インパクト
    自動化・ロボット化で「失われる雇用」「生まれる雇用」総まとめ
    テクノロジーが進歩するにつれて、これまで人間がしてきた仕事をロボットに奪われて失業者が増大するという予測をよく耳にする。こうした予測にどれくらい信ぴょう性があるのか、各団体の予測する「将来失われる雇用」と「新たに生み出される雇用」をまとめてみた。 Erin Winick2年前
  20. 知性を宿す機械
    「レンチ取って!」と頼む前に先回りするロボットが実験中
    センサーや人工知能(AI)技術の進歩により、ロボットが様々な分野の作業に進出しつつある。英国のオンライン専業食料品店オカド(Ocado)の配送センターでは、人間の担当者による手作業を効率的に手助けするロボットのテストが実施されている。 Will Knight2年前
  21. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)の専門家であるアンドリュー・ングは、iPhoneを製造するフォックスコンの品質管理にAIの導入を進めている。製造業はいま、大きな変革期を迎えているようだ。 Rachel Metz2年前
  22. ビジネス・インパクト
    2018年も機械に奪われない仕事5つ
    AIと自動化による雇用の喪失は、新しい仕事や人ならではの仕事をもたらす。2018年、AIや自動化の影響を受けにくい5つの職種を紹介する。 Erin Winick2年前
  23. 知性を宿す機械
    英国の欧州連合(EU)離脱により、英国内で移民に対する取り締まりが強化され、労働力が大幅に不足することが懸念されている。英国政府は自動化を導入する好機だとしているが、ITの専門家たちは、現時点のロボット工学や人工知能(AI)では、欧州諸国の労働者が国外退去させられることによる労働力不足は到底補えないと指摘している。 Jamie Condliffe2年前
  24. 知性を宿す機械
    専門職であり、自動化から縁遠いと考えられていた弁護士の業務にも、人工知能(AI)が入り込もうとしている。機械学習AIを使って弁護士の業務を支援するソフトウェアが登場し、AI技術を核とするリーガルテック・スタートアップ企業も勢いに乗りつつある。 Erin Winick2年前
  25. コネクティビティ
    どうなる今年のテック動向
    いま読み返したい、
    2017年の記事ベスト13
    2017年も数々の興味深いエマージング・テクノロジーが生まれ、同時にさまざまな社会的課題を私たちに突きつけた。2017年にMITテクノロジーレビューが掲載した1000本以上の記事の中から、2018年のテクノロジー動向を展望するのにふさわしい、おすすめ記事を紹介しよう。 MIT Technology Review Editors2年前
  26. ビジネス・インパクト
    元軍事用ロボットメーカーでもあるアイロボットは、ルンバを単なる家庭用掃除ロボットのままにはしないつもりだ。コリン・アングルCEOが5年後に目指すルンバのビジョンを語った。 Elizabeth Woyke2年前
  27. コネクティビティ
    不祥事に揺れたウーバーの自律トラックは2018年に開花するか?
    2017年はお騒がせ企業として不名誉なニュースが続いたウーバーだが、2016年に試験運転した無人運転トラックの開発はその後も着々と進行している。主任技術者に課題と展望を聞いた。 Rachel Metz2年前
  28. 知性を宿す機械
    AIは人間の能力を拡張するもの——CSAILのダニエル・ラス所長
    人工知能に仕事が奪われることを恐れてばかりいると、人工知能との協調に秘められた大きなチャンスを見逃すことになるかもしれない。 Will Knight2年前
  29. 知性を宿す機械
    インドの花形産業であるIT業界で、大量解雇の嵐が吹き荒れている。自動化や人工知能(AI)が人間の雇用を奪うのではないかという懸念はどの国にもあるが、コンピュータが取って代わりやすい定型作業で成長してきたインド特有の事情が問題を深刻にしている。 Samanth Subramanian2年前
  30. 知性を宿す機械
    人間は機械との関係をどう捉え、どう恐れてきたか
    産業革命以来、人間は機械の力に驚嘆すると同時に、機械との関係について考え続けてきた。人工知能(AI)に至るまでの機械と人間の関係を表す歴史的な出来事や、歴史上の著名人の言葉を振り返ることは、AIが今後、人間にとってどのような存在になっていくのかを考察するうえで有意義だろう。 MIT Technology Review Editors2年前
  31. ビジネス・インパクト
    AIやロボットが「仕事を奪う」のは小都市から、MITメディアラボ
    人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響は大都市のほうが受けにくいことが、MITメディアラボの最新の研究で明らかになった。一方、ルーティン・ワークが多い小都市では、今後、雇用が減少していくだろうと予測している。 Elizabeth Woyke2年前
  32. ビジネス・インパクト
    米国では労働者のスキルが企業が求めるレベルに達していない「スキル・ギャップ」が労働市場における問題だと指摘する人は多い。イリノイ大学のアンドリュー・ウィーバー准教授はそうした先入観を持たずに議論することが必要だと訴える。 Andrew Weaver2年前
  33. 知性を宿す機械
    リンゴ農家の人手不足をロボットが救う
    機械化の進む米国の農業ではロボットの開発も盛んだ。トランプ大統領の難民政策の影響で季節農業労働者の確保が困難になったいま、リンゴ収穫ロボットが注目されている。 Tom Simonite2年前
  34. ビジネス・インパクト
    ロボットスタートアップのフェッチ・ロボティクスでは、約50人のスタッフと125体以上のロボットが働いている。ワイズCEOは、人間とロボット、どちらに対しても雇用の機会を増やしていくつもりだ。 Tom Simonite2年前
  35. 知性を宿す機械
    AIの進化でグーグル・スプレッドシートは必要なくなるか
    つまらない数字をかっこいいグラフに変えたい? それならグーグルのアルゴリズムにお任せだ。自動化が進めばスプレッドシートを使った仕事はなくなるのだろうか? Tom Simonite2年前
  36. 知性を宿す機械
    ロボットは人間の仕事を奪う? 奪わない?
    ロボットが人間の仕事を奪うという従来の認識に反対するレポートが発表された。MITテクノロジーレビューの見解を説明する。 Jamie Condliffe2年前
  37. ビジネス・インパクト
    ロボットは米国の雇用を実際に奪っていることが判明
    ロボットが雇用を奪いかねないことは定性的にはわかっても、定量的なデータがほとんどなかった。しかし、全米経済研究所の研究で、ロボット1台の導入で労働者1000人あたり5.6人分の雇用が失われることが初めてわかった。 Jamie Condliffe3年前
  38. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領の得票と強く相関しているのは、失業率よりも定型仕事の割合であることがわかった。大統領選挙の奥底にあった怒りの正体は、AIと自動化で人間らしい仕事を奪われた人の怨嗟だったのかもしれない。 David Rotman3年前
  39. ビジネス・インパクト
    ゴールドマン・サックス、
    自動化でトレーダー大幅減
    3割がエンジニアに
    世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスは金融取引の自動化を進め、全社員の3分の1がエンジニアになった。2000年には600人いたニューヨーク本社の株式トレーダーは、今では2人しかいない。 Nanette Byrnes3年前
  40. 知性を宿す機械
    クボタ、自動運転農機を初公開
    農業の担い手が減り、耕作面積が増えれば、自動化でギャップを埋めるしかなくなる。 MIT Technology Review Japan3年前
  41. 知性を宿す機械
    トランプが移民を締め出せば、ロボットが増えて中国が得をする
    工場から石油プラットフォームまで、ロボット労働者は企業重視とポピュリズムで当選した大統領にとって、都合の悪い課題になる。 Jamie Condliffe3年前
  42. ビジネス・インパクト
    ロボットやAIで仕事がなくなるのは5%とマッキンゼーが予測
    作業の自動化は必然だが、予測できる範囲の未来で、人間は機械と協働するほうが経済的メリットがある。 Jamie Condliffe3年前
  43. ビジネス・インパクト
    英国のネットスーパー
    「オカド」が目指す
    究極の効率化
    オカドは、集団ロボット、自律型配達者、さらに機械学習で顧客のニーズを把握し、食料品を素早く届けようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  44. 知性を宿す機械
    雇用ゼロ社会の前触れ?
    コマツの無人ダンプで
    鉱山運用コスト15%削減
    鉱業事業者は、無人トラックや自動掘削機、無人機関車の本格展開で効率を高めようとしているが、雇用はますます減っていく。 Tom Simonite3年前
  45. ビジネス・インパクト
    MOOCブームの火付け役 大学教育より職業訓練に夢中
    セバスチアン・スランは膨大なオンラインのオープン大学コースの熱狂に火がつく発端となったが、自身は職業訓練に焦点を当てたスタートアップ企業に方向転換した。 Tom Simonite3年前
  46. ビジネス・インパクト
    ホワイトハウスのトップ・エコノミストがAIは仕事を奪わない、と明言
    本当に心配なのは、人類がまだ十分な人工知能を持っていないことだ。 Mike Orcutt3年前
  47. 知性を宿す機械
    自律トレーラーが乗用車より早く実用化されれば、雇用への影響は甚大だ
    自律トラックが初めて運んだ積荷は、2000ケースのバドワイザーだった。 Jamie Condliffe3年前
  48. 知性を宿す機械
    1日でデザインから量産 ファスト・ファッションにロボット革命
    衣服の製造工程の大部分は、依然として手作業だ。現在、いくつかの衣料品メーカーは、自動化させたいと考えている。 Signe Brewster3年前
  49. コネクティビティ
    ハッカーもついにロボット化
    自動的に敵を攻撃し、防御
    ハッカーの専門技能を自動化すれば、世界はより安全になる。 Tom Simonite3年前
  50. 知性を宿す機械
    ウォルマート、ロボット買い物カートの試行で、自動化を学習中
    自動化された買い物カートは実験だけで実用化されないかもしれないが、店舗や倉庫は自動化によって急速に変化している。 Will Knight3年前