KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中
AIに特化した世界最速機、
スパコン新時代の幕開け
知性を宿す機械 The world’s most powerful supercomputer is tailor made for the AI era

AIに特化した世界最速機、
スパコン新時代の幕開け

米国が新たに発表した世界最速スパコン「サミット(Summit)」は、人工知能(AI)の処理を超高速に実行すべく、一から設計された初のスパコンだ。これまで世界最速だった中国のスパコンの性能を60%上回る。サミットで培った技術は、次世代のエクサスケール・コンピューティング実現の足掛かりにもなるだろう。 by Martin Giles2018.06.11

2013年以降、世界で最も強力なスーパーコンピューターのトップの座は中国のマシンに占められてきた。しかしここで再び、米国がトップに返り咲いた。米国エネルギー省のオークリッジ国立研究所(テネシー州)の技術者たちが、これまでの最高記録保持機である中国の「神威・太湖之光(しんい・たいこのひかり:Sunway TaihuLight)」を超える処理能力を備えるスーパーコンピューター、「サミット(Summit)」を発表したのだ。

サミットのピーク性能は200ペタフロップス、すなわち1秒間で20京回の浮動小数点数演算を実行できる。かみ砕いて言うと、このマシンが一瞬のうちにするのと同じだけの処理をこなすには、全世界の人間が毎秒1回ずつの計算を305日間ずっと続けなければいけない。サミットの性能は神威・太湖之光を60%上回っている。また、サミットが登場するまで米国のスーパーコンピューターの中で最速記録を保持していたオークリッジ研究所の「タイタン(Titan)」のほぼ8倍の処理速度だ。

スパコン世界最速の座に懸かっているのは国家の威信だけではない。新型航空機の設計から新素材の開発まで、スーパーコンピューターはすでにあらゆる産業で利用されている。軍が導入して核兵器の設計に使ったり、科学者が基礎研究に用いたりもしている。最も強力なマシンを米国が所有していることは、米国の研究者や軍事力にとって大きな強みとなるのだ。

オークリッジ研究所の研究チームによると、サミットは、機械学習やニューラル・ネットワークをはじめとする人工知能(AI)関連の利 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2018.11.30
外苑前TEPIAホール
FUTURE of SOCIETY
自動運転のトップ研究者と都市デザインのスペシャリストが集結
100年ぶりの「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか?自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考える、MITTR発のテクノロジー・カンファレンス。
Special Guest原研哉
チケット好評発売中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る