KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中
米ゼネコンにデータ科学者職
AIは建設業をどう変えるか
ビジネス・インパクト AI could help the construction industry work faster—and keep its workforce accident-free

米ゼネコンにデータ科学者職
AIは建設業をどう変えるか

まだまだ職人気質が残る建築業界にも、安全性と能率の向上のためにAIやデータ分析といったテクノロジーを導入しようという機運が高まっている。テクノロジーの導入によって生産性を50%向上できる可能性があるという。 by Elizabeth Woyke2018.06.21

建設作業員は、他の肉体労働者の5倍もの頻度で仕事中に命を落としている。今、データ科学者という新しい種類の建設作業員が人工知能(AI)を活用して、事故や作業に関わる障害の予測を目指している。

ボストンに拠点を置く年商30億ドルのゼネコン企業であるスフォーク(Suffolk)。同社はいま、建設現場の写真を分析し、作業員が保護具を着用していないなどの安全上の問題を見つけ出し、画像と事故の記録を相互に関連付けるアルゴリズムを開発している。まだ微調整をしている段階だが、将来的には各プロジェクトの「リスク評価」を算出し、高い危険性が検知された場合には、安全に関する指示を出せる可能性があるという。

スフォークはまた、記録が保管されている10年分のスケジュール・データなどのさまざまな情報を解析し、プロジェクトの遅延を予測するアルゴリズムも作成している。遅延情報はビルのオーナーや下請け業者などにも伝えられる。これ以外にも、IoTセンサーのデータを活用して、作業能率を高くする方法も模索している。1つのアイデアは、コンクリート業者のトラックの所在を追跡し、トラックの到着と同時に作業員がコンクリートの注入ができるように準備することだ。

このようなデータ分析は、建設業界では珍しいものだった。建設業界はこれまで、先進的なデータ分析を受け入れるのにおよび腰だった。利益が少なく、試行錯誤で培った方法が幅を利かせる業界だったからだ。「自分自身の手でつかみ取ってきた流儀で、彼らなりの建設方法を心得ているのです」とJBナレッジ(JBKnowledge)のジェームズ・ベナン最高経営責任者(CEO)はいう。ソフトウェア開発およびコンサルティングを手がけるJBナレッジは年に一度、建設業界のテクノロジーに関する世界規模の調査をしている。「そして、彼らに別の方法を勧めて取り入れさせるのは、たいていの場合難しいのです」。

だが、労働力不足と、低い …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2018.11.30
外苑前TEPIAホール
FUTURE of SOCIETY
自動運転のトップ研究者と都市デザインのスペシャリストが集結
100年ぶりの「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか?自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考える、MITTR発のテクノロジー・カンファレンス。
Special Guest原研哉
チケット好評発売中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る