KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
盛り上がり欠けるVR市場、
遊園地やゲーセンでは
「高くても人気」の理由
コネクティビティ 無料会員限定
Forget about VR in the living room; this summer it’s on waterslides and in arcades

盛り上がり欠けるVR市場、
遊園地やゲーセンでは
「高くても人気」の理由

家庭用VRヘッドセットの売上が低迷する中、ゲームセンターや遊園地、テーマ・パークではVRアトラクションが好調だ。ドイツの水上公園ではウォーター・スライダーを滑り降りながら楽しむVRコンテンツがこの夏、人気となりそうだ。 by Rachel Metz2018.07.19

ジョシュア・フェンドリーは自称、実質現実(VR)の懐疑論者だが、同時にスターウォーズ・オタクでもある。7月、たまたま上司の結婚式に出席するためにラスベガスのストリップ街に行く必要があった。ラスベガスではスターウォーズのVRを体験できることを知って、ぜひそれは試さねばと思った。

スターウォーズのVRコンテンツ「Star Wars: Secrets of the Empire(帝国の秘密)」は入場料が35ドル、プレイ時間はおよそ15分だった。フェンドリーは火山の惑星ムスタファーを訪れ、帝国の情報を収集するためにストームトゥルーパー(銀河帝国軍の機動歩兵)に扮した。背中に背負ったコンピューターに接続されたベストは敵の放火を浴びると振動した。熱、風、焦げた匂いなどの特殊効果があり、実際に手に持てるブラスター銃など実世界の物体にマッピングされたバーチャル物体もあった。ある時点で、フェンドリーは手を伸ばしてVRドロイドに触れ、実際にドロイドの感触を感じたという。この体験はフェンドリーにとって衝撃的だった。

「あの小さな世界には永遠に居続けることができました。本当にクールだったんです」。

フェンドリーのバーチャルの旅は、ユタ州リンドンに本拠を置くボイド(Void)の出張スタジオで体験できた。スタジオはグループを組んだ人が一緒にプレイできるVR専用施設だ。2016年以降、ボイドは8つのVR専用施設を開設した。ほとんどは米国にあるが、トロント、ロンドン、ドバイにも開設しており、今年中にもっと多くの施設を開設する予定だ。

ボイドのクリフ・プルーマー最高経営責任者(CEO)は、入場者数や拡張計画の詳細を明かさないが、週末や休日ともなると一部の施設には1000人を「優に超える」人が連日訪れるという。

ある意味、VRを中心とする新しいビジネスを企画することや、既存のテーマ・パークやゲームセンターで特にVRに力を入れたり、スペースを割いたりすることは馬鹿げているように思える。フェイスブックのオキュラス(Oculus)、HTC、ソニーなどの会社が強力に推進しているにもかかわらず、VRテクノロジーは大衆市場に受け入れられていない。VRヘッドセット(ゴーグル)の販売は現在厳しい状況にある。調査会社のIDCが推測したデータによると、VRガジェットの出荷数は2018年初頭の3カ月間で31%近く落ち込んだ。落ち込みの主な理由は、携帯電話を利用する安価なゴーグルがハイエンドのスマートフォンとセット売りされなくなったこと、オキュラス・ゴー(Oculus Go)のようなVRを運用するためのPCを必要としない新しいスタンドアローン型の低価格ゴーグルの販売がまだ軌道に乗っていないことだ(今年後半、特にクリスマス商戦で販売が伸びると期待されているが、期待通りに売れるかどうかは不透明)。

大半の人は自宅のリビングルームでVRを楽しみたいとやかましく要求しているわけではない。しかし、この夏、VRテクノロジーは、ゴーグルを装着してウォーター・スライダーを滑り降りたり、VRゲームをプレイしたりできるVR専用施設やゲームセンター、遊園地、その他の家族向けエンターテインメント・センタ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2021

新型コロナで注目されるmRNAワクチンから、史上最も優れたAI言語モデル、電気自動車の普及を担うリチウム金属電池まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る