KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2019年9月の記事

  1. The world’s top deepfake artist: ‘Wow, this is developing more rapidly than I thought.’
    世界トップ級の専門家が指摘する「ディープフェイク」の恐るべき未来
    ディープフェイク技術の進歩の速さは、先駆者であるハオ・リーすら驚くほどだ。ディープフェイク映像は急速に現実の映像に近づいており、数年後には両者を見分けるのは困難になるという。 by Patrick Howell O'Neill2019.9.24
  2. 未来を創るための教育メディアラボが子ども向けAI倫理カリキュラムを公開
    現在の子どもたちは、人工知能(AI)に囲まれた世界で育っている。AIアルゴリズムがどのように作られるのかを子どもたちに教える新たなカリキュラムは、今後AIと付き合っていくうえで自身を守るだけでなく、テクノロジーの未来を創っていく意欲を与えてくれるかもしれない。 by Karen Hao2019.9.18
  3. MITメディアラボの伊藤穰一所長が辞任
    MITメディアラボの伊藤穰一所長が9月7日、辞任を発表した。 by Gideon Lichfield2019.9.9
  4. エプスタイン資金問題を受け、メディアラボの総会で話されたこと
    性的搾取疑惑のある投資家からの資金提供を巡って開かれたMITメディアラボの内部会議での初代所長のニコラス・ネグロポンテの発言は、会議に参加した人々に衝撃を与えた。 by Karen Hao2019.9.8
  5. SNSからヘイトを排除するには? 物理学者が提唱する過激な対策
    オンライン上のヘイト・グループの取り締まりは、単に禁止するだけでは効果がない。ジョージ・ワシントン大学の研究チームは、ヘイト・コミュニティの動的力学を数カ月に渡って調査し、ヘイト集団の撲滅に効果があるかもしれない方策を提案している。 by Charlotte Jee2019.9.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る