KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

宇宙 2020年2月の記事

  1. NASA’s InSight mission proves Mars is rocked by hundreds of earthquakes
    NASAの火星探査機インサイトが初成果、活発な地震活動を観測
    NASAの火星探査機「インサイト(InSight)」による初の成果が、複数の論文として発表された。火星の地震の観測によって得られた複雑な内部や地質に関する洞察を示すものが主だが、水を巡る火星の歴史に関する新たな疑問を提起するものもある。 by Neel V. Patel2020.2.26
  2. 読者からの質問:「宇宙開発競争」は現在どうなっていますか?
    宇宙開発には現在、米国やロシア、中国をはじめさまざまな国が参加しているが、こうした国々はかつて米国とソ連が月着陸を競ったように互いに競争関係にあるのだろうか? by Neel V. Patel2020.2.20
  3. 雪だるま形のカイパーベルト天体が明かす、惑星の起源
    NASAのニュー・ホライズンズ探査機が、冥王星の彼方のカイパーベルト天体「アロコス(旧称:ウルティマ・トゥーレ)」をフライバイ(接近通過)した際に収集したデータの分析結果の論文が3本発表された。これらの論文は、アロコス自体の誕生だけでなく、太陽系の他の微惑星の起源についても解き明かすものとなっている。 by Neel V. Patel2020.2.17
  4. 読者からの質問:太陽の11年周期は地球にどう影響しますか?
    太陽の黒点が11年周期で増減するサイクルによって、地球上または地球周回軌道上のテクノロジーはどのような影響を受けるのだろうか? by Neel V. Patel2020.2.9
  5. 衛星写真で見る、武漢の現在——都市活動がほぼ停止
    MITテクノロジーレビューが入手した最新の衛星写真を見ると、人口1100万人の武漢市での都市活動がほとんど停止していることがわかる。 by Neel V. Patel2020.2.7
  6. This is the highest-resolution photo of the sun ever taken
    史上最高解像度の「太陽」の画像、ハワイのDKISTが撮影
    ハワイ・マウイ島のダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡(DKIST)が撮影した史上最高解像度の太陽の画像が公開された。 by Neel V. Patel2020.2.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る