KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

人工知能(AI) 2023年1月の記事

  1. The economy is down, but AI is hot. Where do we go from here?
    GAFAレイオフでも「AI冬の時代」が再来しない理由
    アルファベット、アマゾン、メタ、マイクロソフト、ツイッターなど世界的な巨大テック企業が大規模な人員削減計画を発表している。それでも、AIの世界では依然として好況が続いている。この好況はいつまで続き、その後に何が起こるのだろうか。 by Melissa Heikkilä2023.1.31
  2. 2022年に突如として一大ブームになった「生成AI(ジェネレーティブAI)」。ブームに火をつけたオープンAIも、これほどの反響を呼ぶことは予想できなかった。生成AIの台頭は、私たちをどこへ導くのだろうか。 by Will Douglas Heaven2023.1.18
  3. 顔認識の失敗で収入ゼロに、インドのウーバー・ドライバーの憂鬱
    ウーバーは今やインドの多くの人々の収入を支えている。だが、ドライバーの本人確認に使われているアプリによって、一瞬で収入源を失うドライバーもいる。 by Varsha Bansal2023.1.17
  4. 人気アプリでアジア系女性記者が直面したAIのバイアス問題
    「ステーブル・ディフュージョン」や「チャットGPT」といった最新のAIモデルは、私たちを驚かせるような能力を発揮する。しかし、性別や人種によるバイアスを反映した思いがけない結果が返ってくることもある。 by Melissa Heikkilä2023.1.12
  5. AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
    大規模言語モデルAIが生成した有害なテキストはインターネット中に広がり、別のAIを訓練するのに使われる。しかも、AIが生成したテキストであるかどうかを見分けるのは、非常に難しい。 by Melissa Heikkilä2023.1.6
  6. The AI myth Western lawmakers get wrong
    中国「社会信用スコア」への誤解はなぜ生まれたか?
    AIアルゴリズムが市民を評価するという試みは、中国のような権威主義的国家が進めるディストピア的な政策だと批判されることが多い。だが、実際に普及が進んでいるのは西側諸国だ。 by Melissa Heikkilä2023.1.4
  7. AI is bringing the internet to submerged Roman ruins
    水没した古代ローマ遺跡を見守る「水中インターネット」
    海底に沈んだ古代ローマ時代の高級リゾート地、バイアエの環境をモニタリングするために、音響モデムと水中無線センサーと組み合わせた水中インターネット・システムが利用されている。by Manuela Callari2023.1.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る