KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
水没した古代ローマ遺跡を見守る「水中インターネット」
Courtesy of Barbara Davidde
人工知能(AI) 無料会員限定
AI is bringing the internet to submerged Roman ruins

水没した古代ローマ遺跡を見守る「水中インターネット」

海底に沈んだ古代ローマ時代の高級リゾート地、バイアエの環境をモニタリングするために、音響モデムと水中無線センサーと組み合わせた水中インターネット・システムが利用されている。 by Manuela Callari2023.01.04

2000年以上の昔、バイアエはイタリア半島で最も壮麗なリゾート地だった。マルクス・アントニウス、キケロ、カエサルといった裕福な為政者たちがこの地の天然温泉に惹かれ、温水スパやモザイクタイルの温泉プールを備えた贅沢な別荘を建てた。しかしローマ貴族たちの遊興の地であったこの町は火山活動で水没し、何世紀もの間、その半分が地中海の底に沈んだままとなった。

世界を変えるU35イノベーター2022年版
この記事はマガジン「世界を変えるU35イノベーター2022年版」に収録されています。 マガジンの紹介

現在バイアエ(バイア)は、世界的にも珍しい海底考古学公園となっており、1.8平方キロメートルほどのエリアが、古代ローマ都市の遺跡を探検したい観光客に開放されている。海洋保護区に指定されている遺跡は、ダイバーや環境要因による損傷をモニタリングする必要がある。だが、「水中での通信が難しいのです」と話すのは、イタリアの水中文化遺産管理官であるバルバラ・ダビッデだ。

最も信頼できるのは有線システムだが、メンテナンスが難しく、運用エリアも限られる。無線のインターネットは、水が電磁波に影響を及ぼすために水中でうまく機能しない。光波や音波も試されたが、水温、塩分、波、ノイズなどが機器間を伝わる信号を変化させてしまうため、水中では効果的な無線通信とは言えない。

そこでダビッデ管理官は、サピエンツァ大学の教授であり、同大学からスピンオフし、水中モニタリングと通信システムを専門とするスタートアップ企業のWセンス(WSense)の幹部でもあるキアラ・ペトリオリ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る