KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

人工知能(AI) 2023年5月の記事

  1. Meta’s new AI models can recognize and produce speech for more than 1,000 languages
    メタ、1000言語以上に対応した音声認識・生成モデルを公開
    メタは、音声データと付随するテキストデータを納めたデータセットがなくても、わずかなデータから音声認識・生成可能なAIモデルを構築した。多くの言語に対応した音声アプリの開発に役立つ可能性がある。 by Rhiannon Williams2023.5.25
  2. 医療AIの落とし穴、医師が「信じすぎる」問題に解決策は?
    医療の現場に人工知能(AI)がますます導入されるにつれ、医師がAIの診断を信用するあまり、「AIパターナリズム」に陥る可能性がでてきた。私たちはAIの判断をどこまで受け入れればよいのだろうか。by Jessica Hamzelou2023.5.18
  3. ブームに沸く生成AI、巨大テック企業の「総取り」を防げ
    生成AIは、権力をさらに巨大テック企業に集中させようとしている。スタートアップが開発した生成AIに必要なコンピューター資源、膨大なデータは、巨大テック企業によるものだ。by Melissa Heikkilä2023.5.18
  4. データは誰のもの?生成AIの訓練で「同意」は常識になるか
    オープンAIは、「シークレット・モード」を導入した。チャット履歴を、同社が保存したり、言語モデルの訓練に使うことをユーザー自身が決めることを可能にする機能だ。 by Melissa Heikkilä2023.5.17
  5. 法律の小さな修正によって、企業などの特定の利害関係者に利益をもたらす「マイクロ立法」が、チャットGPTなどの生成AIによって加速する可能性がある。 by Bruce Schneier2023.5.15
  6. We are hurtling toward a glitchy, spammy, scammy, AI-powered internet
    詐欺とスパムが横行する、生成AI時代のインターネット
    チャットGPTや大規模言語モデルは、その能力の高さで世間を驚かせているが、セキュリティ面では問題を抱えている。これまで以上に簡単に、個人情報の窃取などができてしまうのだ。 by Melissa Heikkilä2023.5.12
  7. Google is throwing generative AI at everything
    グーグルが生成AIに本腰、製品投入でMS/オープンAIに対抗
    グーグルが生成AIを組み込んだ新製品をグーグルI/Oで多数発表した。これまで慎重な姿勢を示していたが、新製品でマイクロソフトやオープンAIに対抗する。by Melissa Heikkilä2023.5.12
  8. Chinese creators use Midjourney's AI to generate retro urban "photography"
    中国テック事情:生成AIで懐かしい都市の光景が蘇った
    人気の生成AIツール「ミッドジャーニー(Midjourney)」を使って、レトロなAIアート作品を描く中国のクリエイターが注目されている。 by Zeyi Yang2023.5.11
  9. Geoffrey Hinton tells us why he’s now scared of the tech he helped build
    深層学習の父と呼ばれるジェフリー・ヒントンが本誌の取材に応じ、グーグルを退社した理由を語った。グーグルを辞めてから話したい「AIの問題」とは何か? by Will Douglas Heaven2023.5.8
  10. Deep learning pioneer Geoffrey Hinton quits Google
    ジェフリー・ヒントンがグーグルを退社
    「深層学習の父」と呼ばれるジェフリー・ヒントンがグーグルを退社した。 by Will Douglas Heaven2023.5.3
  11. A chatbot that asks questions could help you spot when it makes no sense
    チャットGPT、「質問付き」回答で騙される人が減ることが判明
    AIチャットボットはしばしば嘘をつき、人々がその嘘を見破るのが難しい場合がある。MITなどの共同研究チームは、人々に批判的思考を促して、AIに騙されないようにする方法を考案した。by Melissa Heikkilä2023.5.2
  12. What if we could just ask AI to be less biased?
    世界を米国風に染め上げる、生成AIバイアス問題の根深さ
    生成AI(ジェネレーティブAI)にはジェンダーや民族などのバイアスが含まれており、時々そのバイアスを色濃く反映させたものを生成してしまう。バイアスを軽減させる手法の研究も進んでいる。by Melissa Heikkilä2023.5.1
  13. AI literacy might be ChatGPT’s biggest lesson for schools
    教師たちが見出したチャットGPTの教育現場での活用方法
    チャットGPTで課題を済ませる学生が増えたことを受けて、チャットGPTの利用を禁じる大学や学校が米国でも相次いでいる。だが、ここに来て、チャットGPTの教育的効果も語られるようになってきた。by Melissa Heikkilä2023.5.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る