KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

人工知能(AI) 2023年8月の記事

  1. Why watermarking AI-generated content won’t guarantee trust online
    主張:AI生成コンテンツ対策、「透かし」実装だけでは不十分
    生成AI技術の発展に伴い、改ざんされたコンテンツによる混乱が深刻化している。電子透かしなどの対策は有効だが、技術的な実装だけでは不十分だ。 by Claire Leibowicz2023.8.23
  2. 「バイアスのない中立なAI」が実現不可能な理由
    政治的なバイアスのない、中立的なAIチャットボットは魅力的なアイデアだが、実現は技術的に不可能だ。だからこそ、AIの回答を鵜呑みにしないようにする必要がある。 by Melissa Heikkilä2023.8.20
  3. メタの大規模言語モデルが問う「オープンであること」の価値
    メタが7月18日に無償公開した大規模言語モデル「Llama 2(ラマ)」を使ったサービスや製品の開発が相次いでいる。先行するオープンAIなどのモデルに比べてどこが優れているのか。 by Melissa Heikkilä2023.8.16
  4. チャットGPTは左派的、大規模言語モデルに政治的バイアス
    最新の研究により、大規模言語モデルには政治的なバイアスが多く含まれていることがわかった。質問に対して得られる回答の内容が、モデルによって右派的になったり左派的になったりするのだ。by Melissa Heikkilä2023.8.11
  5. MITTR主催「チャットGPT時代の教育」開催のご案内
    教育現場はGPT-4をどう活用すれば良いのか。生成AIを通じて「教育」はどのように変化するのか。MITテクノロジーレビューは、「チャットGPT時代の教育」をテーマにしたイベントを9月1日に開催する。 by MIT Technology Review Event Producer2023.8.10
  6. Chieko Asakawa's trying to break down the social implementation barriers
    浅川智恵子・AIスーツケース発案者が挑む「社会実装の壁」
    IBMフェローとして実社会でのアクセシビリティ研究、視覚障害者のためのナビゲーションロボット「AIスーツケース」の開発・社会実装を進めながら、2021年には日本科学未来館館長に就任した浅川智恵子氏に、イノベーションで大事な考えについて聞いた。 by Yasuhiro Hatabe2023.8.10
  7. Weather forecasting is having an AI moment
    グーグル、ファーウェイのAIで気象予報はどう変わるか?
    グーグル・ディープマインドやファーウェイなど、AI研究で先頭を走っている企業が、気象予測AIモデルを相次ぎ発表した。既存の天気予報に迫る予測精度を記録しているというこれらのAIの利用には大きな利点がある。 by Melissa Heikkilä2023.8.9
  8. How to talk about AI (even if you don’t know much about AI)
    主要メディアの担当記者に聞く、AIについて語る7つのポイント
    今や、世間の誰もが人工知能(AI)について語りたがっている。しかし、話が噛み合わないことも少なくない。そこで、AIのニュースを日々追いかけている記者に、自信を持ってAIについて語る秘訣を明かしてもらった。 by Melissa Heikkilä2023.8.6
  9. Bill Gates isn't too scared about AI
    ビル・ゲイツがAIをあまり恐れていない理由
    近年急速な進歩を遂げたAIが人類に大きな害をもたらすと主張する声が高まっているが、ビル・ゲイツはあまり心配していないようだ。 by Will Douglas Heaven2023.8.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る